2014年07月04日

『ビジネスパーソンの誘う技術』 ベリッシモ・フランチェスコ

料理研究家のベリッシモ・フランチェスコさん。
テレビなどによく出られているそうですが
全く知りませんでした。

ですから、ご本人が言う「チャラいキャラクター」は
よくわかりませんが、日本語はすごく上手。
本書を本人一人で書いたとしたら、すごい語学力です。

それはさておき、「誘う技術」。
ナンパなイメージのイタリア人が書くのですから
興味がわきました。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

『100%好かれる1%の習慣 500万人のお客さまから学んだ人間関係の法則』 松澤萬紀

松澤萬紀さんは、ANAの客室乗務員(CA)として
12年間勤務。その間に学んだ良好な人間関係の築き方。

まずはCAの徹底したお客様へのサービスに感心しました。
「指から、後光が射すようにサービスしなさい」とは
指の先まで神経を行き届かせてサービスをしなさい
ということ。

お客様のクレームも、対処法をすぐに提案したら
さらに怒られて、ただ話を聞いてくれて
「そうですね」と同意してほしかっただけというのは、
そこまでしなくてもいいんじゃないかと思ってしまいます。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

『若者の取扱説明書 「ゆとり世代」は、実は伸びる』 斎藤孝

真面目で消極的で反応がうすい「ゆとり世代」の
能力の引き出し方とコミュニケーション術の本です。

潜在能力を引き出す3ステップの「逆手指導」をベースにし、
仕事の進め方、彼らの理想の上司、
部下とのコミュニケーションについて書かれています。

逆手指導ステップとは
 1 ハードトレーニングを課す
 2 全員一律に同じミッション
 3 惜しみなく褒め称える

>>続きを読む
posted by かつき at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 五百田達成・堀田秀吾

タイトルにドキリとさせられました。
それなりにそつなく人間関係がうまくいっていると
思っていましたが、それは好きな人としか付き合っておらず
新しい人間関係が生まれていないのでは、と気づかされました。

『スラムダンク』『ワンピース』といった漫画の登場人物の例が
元を知らないのでよくわからないのには閉口しましたが
それ以外はわかりやすい。

人を外見や知っているタイプにすぐに分けてしまい
それ以上、その人を知ろうとしない。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

『伝える力2 もっと役立つ!「話す」「書く」「聞く」技術』 池上 彰

前半は東日本大震災の対応に苦慮する政府や
東電の「伝える力」のなさが主な内容です。
エピソードが印象深く残りますが
あまりにも大きな案件に個人としては学ぶことが少なそう。

もちろん、自慢話を交えない、話の地図を相手に渡すなど
コミュニケーションに大切な要素もあるのですが。

また前作の『伝える力』のようにキレイにまとまっておらず
ややバラバラ感が強いです。
どこまで頭に残るかな。

>>続きを読む
posted by かつき at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

『「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! 伝える力』 池上 彰

相手を惹きつける話し方、謙虚に聞くことの大切さ、
読ませるビジネス文書の書き方など

テレビでお馴染みの池上さんが、お馴染みのわかりやすい言葉で
教えてくれるコミュニケーション術です。

2007年の出版なので小泉首相などの例がでてきますが
内容は何十年たっても色褪せない、
誰でもちょっと気をつければできることばかりです。

本書を読んで、自分が書いた文章を読みなおすと
時間がなかったり、いい加減な気持ちがにじみでて
わかりにくい文章を書いていること気づきました。反省。

>>続きを読む
posted by かつき at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

『コミュニケーションHACKS! 人生・ビジネスを10倍快適にするソーシャルメディア徹底活用術』 中村祐介

フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディア、
ポータブルPC、スマートフォンなど
コミュニケーションに役立つツールを使いこなすノウハウ本。

100のHACKSのうち、
私が使いたいと思ったのは10にも満たない。

それは私がタブレットPCもスマートフォンも持っていないから ふらふら

でもやっぱりこれらの知識は不可欠で
ビジネスやプライベートで人間関係を構築したいときに
役立つように触っておくべきだと思いました。

>>続きを読む
posted by かつき at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

『気持ちが伝わる話しかた 自分も相手も心地いいアサーティブな表現術』 森田汐生

コミュニケーションスキル「アサーティブ」とは
「自分も相手も大切にして、自分の感情や要求を、素直に、
対等に伝えることのできる自己表現の考え方と方法」のこと。

アサーティブの本は2冊目なのですが
本書を読んでもやっぱり難しいなあと思います。

コミュニケーションタイプを
攻撃型・受身型・作為型に分け
生活や仕事の場面で陥りやすいパターン、
またアサーティブを行う際にも間違ってしまうパターンを
紹介しています。
これがとてもわかりやすい。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

『人の心をひらく技術 仕事と人生が変わる「聴き方」「話し方」』 小松成美

中田英寿やイチローなどスポーツ選手や
アーティストのYOSHIKIなど、
ノンフィクションで有名な小松成美さんによる
コミュニケーション術の本です。

「気難しい」と言われてる(思われている)スポーツ選手の心を開き
その本音や真実を書くことで評判ですが
まずはこのタイトルのように
「どんな場合でも完全に通用する『人の心をひらく技術』は、 存在しない」
と言います。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

『「また会いたい」と思われる人の38のルール』 吉原珠央

タイトルがうまいビジネス書はたくさんあって
読むとがっかりするのですが、
本書はタイトル通りまではいかなくても
コミュニケーションやそれ以前のビジネスマナーについて
書かれていて、役に立つでしょう。

「また会いたい」と思う人は
自分が言った言葉によく反応してくれる人
自分を肯定してくれる人。
だから反応がいい人になりましょう。
というのが趣旨です。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

『たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック』 アラン・ガーナー

本書は1997年発売以来、
英語版と外国語版で、全世界500万部を売り上げる
会話テクニックのベストセラー


会話が得意という人はあまりなく
どちらかというと苦手の分野ですよね。
上手にコミュニケーションをとるにはスキルが必要です。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

『入門 江戸しぐさ 「また会いたい人」と言われる話し方』 越川禮子

教育評論社 阿部社長より献本いただきました。
ありがとうございます。

江戸しぐさ語りべの会主宰の著者による
コミュニケーション力を上げる、江戸しぐさを紹介した本です。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

『よけいなひと言ハンドブック』 大谷由里子

吉本興業のマネージャー職などを経て
人材活用、企業活用などのプロデュースを行っている
大谷由里子さんの、言葉に関する本。

かなり気になるタイトルです。
>>続きを読む
posted by かつき at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

『人づきあいのレッスン 自分と相手を受け入れる方法』 和田裕美

世界No.2の営業ウーマン、現在は営業コンサルタントとして
活躍している和田裕美さんによる
人間関係やコミュニケーションについて本です。

精神論っぽいものや、心構えが多く、
具体的な行動はほんの少しです。
例えば、なんでも「ありがとう」をつけて返事をしたり
「うそー?」ではなく、「ほんとう?」と答えたり。

>>続きを読む
posted by かつき at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

コミュニケーション リスト

伝書鳩 黄色 ☆☆☆☆☆


bard_happybird.gif ☆☆☆☆


bard_happybird.gif ☆☆☆


bard_happybird.gif 電話応対


伝書鳩 黄色 謝罪と反論


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン



posted by かつき at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

『和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!』 和田裕美

基本的には、会う人全員に好かれようと思っていないので
タイトルには抵抗があったのですが、
しかし、仕事となれば、好かれた方が得です。

成績もアップします。
昇進するかもしれません。
お給料が上がるかもしれません(笑)

>>続きを読む
posted by かつき at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

『人間関係が良くなる法則』 江口克彦

PHP研究所代表取締役副社長の江口克彦さん。
良好な人間関係を築くための自己啓発書ですが
テクニックではなく、人間として当たり前にやるべき、
オーソドックスなマナーです。

しかし、小さなことの積み重ねで人間関係は築かれるもので
急につくり上げることはできません

職場での気遣いや思いやりをどのようにすればいいかを
教えてくれる道徳のような本です。

>>続きを読む
posted by かつき at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

『電話王の話す技術・聞く技術 顧客満足から顧客感動へ』 斎藤ますみ

電話応対、コールセンター、人材育成の
コンサルタント業を営む斎藤ますみさん。

電話の受け答えのフレーズやポイント、
敬語、表現力といった言葉に関することはもちろんなのですが
彼女の電話応対の素晴らしい点は
声のトーンと声の大きさ、発音まで
神経を配り、それによって顧客心理を動かす
こと。

声のトーン、声の大きさを円グラフにし、
顧客心理を分析します

その結果をクレーム処理から、営業まで活かします。

そもそも彼女はバブル崩壊後の山一証券で
営業を担当したことから、このシステムを開発し始めました。
成績が上がらない時期に、
退社していく先輩社員の顧客を引き継いだというのですから
ふつうはモチベーションもあがらないですし、
自分も会社から逃げ出す時期をうかがうような局面です。

しかし、彼女は「もしかして、買ってくれるかもしれない」という
前向きな姿勢を崩しませんでした。

無理な営業ではなく、顧客にメリットを与えるような説明、
気持ちのいいクロージングまで
彼女の電話営業のノウハウはぜひ学びたい。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
「イ」段の音がしっかり発音されていると、一音一音が明確に浮かび上がってきます。これは、話す仕事や歌う仕事に携わる人たちが共通して、特に意識していることです。

「はい」という返事を聞いただけで、その人の心は読めます。やる気があるか、仕事に対して熱心化、人に対して気持ちを入れて接しているか、いい加減な人なのか、すべてが見えてきます。

会話上の”先手誘導”とは、相手の要領を無視して、一定方向に結論を誘導することではありません。ああくまでも、会話の進行をスムーズにして、最短で問題を解決することなのです。

注意しなければいけないのは、マニュアルで質問事項が決まっている場合です。決められた順番に機械的に質問していくような話し方をすると、マニュアルの存在を相手に意識させてしまいます。パターン化した問いかけや、尋問口調になることを避け、自然な会話の流れの中で情報を収集します。

「5チェンジ話法」
1 入りの音を変える
2 音域を変える
3 入りのタイミングを変える
4 緩急を変える
5 キーワードの強調の仕方を変える

「5チェンジ話法」になれたら、それを応用して見ましょう。自分のつくった原稿やスクリプトの中の、キーワードや注意点に印をつけていくだけでも、話し方のイメージが明確になります。(中略)私はこれを「話し方の戦略図をつくる」と言っています


bard_happybird.gif 目次
【第一章】電話王は第一声で勝負する!
        ―こうすれば、相手の気持ちをがっちりつかめる 
【第二章】電話で成果をあげるには、この日本語を使え!
        ―これだけは知っておきたい言葉の使い方
【第三章】顧客感動はこうして生まれる!
        ―顧客からニーズとウォンツを引き出す方法
【第四章】できるだけわかりやすく伝える技術
         ―説得力、説明力を鍛えておけ!
【第五章】顧客の信頼を取り戻す「クレーム対応術」
         ―怒りを感動に変えるプロの話術
【第六章】これなら絶対、成功する「電話セールス」の極意
         ―無理なくゴールをめざす話し方、聞き方


セブンアンドワイの『電話王の話す技術・聞く技術』へ
icon『電話王の話す技術・聞く技術 顧客満足から顧客感動へ』
icon
斎藤ますみ
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
☆☆☆☆☆

トップデキる女の仕事術の本 >『電話王の話す技術・聞く技術』

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン




posted by かつき at 12:22| コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

『藤巻流 実践・巻き込み術』 藤巻幸夫

カリスマ・バイヤーとして活躍する藤巻幸夫氏による
コミュニケーション術。
さすがにいろいろな仕掛けで、お客様を驚かせたり、
楽しませる売場づくりや企業再生を行ってきただけあって
その行動力には驚きますし、
人との付き合い方にもうんちくがあります。

「周囲の人を巻き込んで、いい仕事がしたい」
という思いはあるのですが
わたしがまず気になったのは、
誰も彼も巻き込めばいいということではなく、
やっぱり巻き込みたい人の基準があります。

1 その人を尊敬している
2 その人に感謝している
3 その人に憧れている
4 その人といると癒される
5 いっしょにいると楽しい
6 その人みたいになりたい
7 その人から学びたい
8 その人の内部をのぞきたい
9 その人といっしょに仕事がしたい

反対に巻き込まれたくない人、という基準もあります。
まずはこのような人にならないようにしなければ、と
自戒を込めて、思いました。

さて、巻き込み術は主に20、30代の若い人が
使える方法について書かれています。
もちろん、40代になってから実践し始めてもいいですが、
やはり立場によって、巻き込み術というのは変わってきます。

上司になったら、あえてオーダーは後から言う。
ホスピタリティというのは、立場が下の者からだけではなく
上の者からも必要です。
細かな気遣いに満ちた仕事術の本でもあります。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
マメじゃなければ人には接近できない。天才型でもない限り、巻き込みにはマメが必要。とくに新人の頃は、マメな人間が愛されると思うのです。

空を飛ぶ鳥は上空から俯瞰して広い範囲を見渡すことができるけど、地面を這う虫は自分の周囲1メートルほどしか見えない。そのぶんディテールまで観察できるわけで、それが鳥とは違う大きな武器。右も左もわからない新入社員時代というのは、この「虫の目」にこだわるしかないと私は思うのです。

経験と知識には、生半可な知識より熱情で対抗したほうが得策だ

自分の立場が上だと思ったなら、自分から出向くのがホスピタリティ。そして「巻き込み術」の基本です。

若い頃はスピードを意識して突っ走る。走りながら、いろんな知識を身につける。やがては立ち止まり、知識を整理して自分の視点を確立させる。


bard_happybird.gif 目次
はじめに
第1章 ホスピタリティで巻き込む
第2章 言葉とエネルギーで巻き込む
第3章 時間を管理して巻き込む
おわりに


セブンアンドワイの『藤巻流 実践・巻き込み術』へ
icon『藤巻流 実践・巻き込み術』
icon
藤巻幸夫
☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン



posted by かつき at 12:22| コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

『働く女性のハッピー法則 伝え上手でキャリアアップ!』 藤井佐和子

株式会社キャリエーラ代表取締役でキャリアカウンセラーの
藤井佐和子氏による、コミュニケーション術。

相手に気遣って遠回しに言ったら、全然理解してもらえなかった。
雑談でなにをしゃべったらいいかわからない。
思いついたまましゃべって、相手に怪訝な顔をされた。
社内の行事に参加するのが苦痛。
言いたいことをためて、ときどき爆発するか、会社を辞める。

そんな女性のために、上手に伝える方法を
細かく指摘していくれています。

前半では心構えや自分の伝え方のクセなどをつかむ方法が
書かれていますが、人との会話が苦手な人は
後半部分の具体的な伝え方をマネするところから始めて、
前に戻って、その時の心理やゴールイメージなどを
つかむようにしたほうがいいでしょう。

相手のタイプ別の伝え方なども書かれていますが
あまり難しく考えなくても、
まず、笑顔で挨拶して、次に何を言うか、
困ったときにどのように伝えるかを学ぶことができます。

特に部下への指導や、転職の際の自己アピールなどは
詳しく実践的。
初めて部下を持った人は一読しておくといいでしょう。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
発信力とは「相手に伝える力」のこと。自己主張と言ってもいいでしょう。
その対になるのは、相手の話を聞く「受信力」です。

コミュニケーションに必要な3つの力
1 伝達力 伝えたい事実や自分の意志、気持ちなどを発信する力
2 傾聴力 話を聞くだけでなく、理解して受け入れる力
3 質問力 相手に尋ねる力、情報を相手から引き出す力

辞めるのはいつでもできるのだから、どうせならダメもとで、人間関係を改善する努力をしてみてはどうでしょう

アサーティブコミュニケーションに必要なのは、あなたが最終的に目指す理想の「ゴール」をイメージする”想像力”です

アサーティブコミュニケーションは、「論理」と「感情」という2つの要素のどちらが欠けてもうまくいきません。両方を高め、相手や状況に合わせて、バランスよく使えることが理想です。

新人を育てる伝え方
1 なぜその仕事をやらなくてはいけないのか「経緯」や「目的」を伝える
2 新人がやったことに対し、必ずフィードバックする
3 説明をはしょらない。主語述語を省かない
4 しかっても、最後はほめて自信をつけさせる

現時点のスキルよりも、印象がよく、意欲が高い人が勝つ

企業が採用する基準は、その人を採用することで、どんなメリットがあるのかということです


bard_happybird.gif 目次
1 伝え上手になると、働くのが楽しくなる!
2 人に好かれる自己主張のすすめ
3 相手のタイプで、伝え方を変える
4 言いづらいことを伝えるとき
5 就職・転職・面接の自己アピール
6 伝え美人で幸せと成功をつかむ!


伝え上手でキャリアアップ!
icon『働く女性のハッピー法則 伝え上手でキャリアアップ!』
icon
藤井佐和子
☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン


posted by かつき at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする