2009年03月09日

『ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる』 小宮一慶

経営者、管理職、平社員など身分に限らず
仕事のできる人は「数字」に強いといいます。
数字に強くなる秘訣は「把握力・具体化力・目標達成力」を
数字で示す習慣をつけることと、このビジネス書は説きます。

これらを「数字力」と呼び、
その数字力をつける「七つの基本」、
多くの人が見誤る「六つの数字の罠」、
数字力を磨く「五つの習慣」を紹介しています。

七つの基本(抜粋)
1 全体の数字をつかむ
3 ビッグフィギュアを見る
5 定義を正確に知る
7 他と比較する

六つの数字の罠(抜粋)
1 主観の罠
3 常識の罠
5 名前の罠

五つの習慣(抜粋)
1 主な数字を覚える
3 部分から全体を見る
5 常に数字で覚える

誰でも簡単にできる方法なので、実践しやすい。
日経新聞から数字を拾うなど、新聞をより活用できるのも嬉しいです。

数字が弱い、ということは、その事に関心がないから。
アンテナは関心がないと反応しませんよね。

数学は苦手でも、案外、数字は好きになれるものです。
日々の株価、自社の売り上げやキャッシュフローなど
まずは身近な数字から覚えていくとおもしろい。
もっとブラッシュアップしたい分野です。

巻末の「最強ビジネスマン必須マクロとミクロの数字20」のように
最低限覚えればいい、という手軽さがいい。

今、日経BPNetで「スイスイわかる経済!“数字力”トレーニング」
連載しています。


『ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる』
icon『ビジネスマンのための「数字力」養成講座 これで、もっともっと見えてくる』
icon
小宮一慶
星星星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

リーフライン



ラベル:小宮一慶 数字力
posted by かつき at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

『なぜ、仕事ができる人は「効率」を無視するのか? 逆転発想の時間術』 

毎日やるべきことややりたいことがたくさんありすぎて
全然処理できず、もっと効率よく仕事ができないか、
と考えるのが普通の人です。実際、仕事ができる人は
手際よく物事を片付けているイメージがあります。

本書では、一見無駄なこと、非効率なことをやりながら
成果を上げている人のポイントを突いています。

 
むしろ“非効率な行動をどれだけ効率的にやるか”のほうが、ずっと重要なのではないか――

効率的に仕事をこなすことが優先されると
ピンときたアイディアにも気付かず
また自分で考えることをしなくなります。
いつか自分の中身が枯渇していく、という問題点が浮かび上がります。

そして効率的に仕事をする人は事務能力が高いので
仕事が常にその人に集中してしまいます。
チャールズ・シュワブの「アイビー・リーのアイディア」は
「明日にやらなければならないこと」を6つあげ、
重要な順に番号をふります。
次の日は自分で決めた1番目の仕事から片付けるだけ。

毎日、自分が重要だと思う仕事から片付けるので
新しいアイディアがやりたいと思ったら、それが優先されます。

 
「やり残しているたくさんの仕事」にとらわれずに、「自分のやりたいこと」を優先的に実行していくための方法です。

これにより、シュワブは「鉄鋼王」と呼ばれる経営者となり
コンサルタント業でも百万ドルを稼ぎました。
やり残しの仕事にはとらわれません。

一見、遠まわりのやり方に見えても
実際は顧客獲得や仕事の難易度から言えば
効率よく業績をあげられる実例も豊富です。

ムダなことに思えても、仕事にいつか役立つ、
自分の財産になると思えることはどんどんやった方がいいのですが
思いつきばかりやっていてもきっとダメでしょう。

 
結局は“直観による気づき”の精度を上げていかなくてはなりません。

そのためにはやはり経験を多く積むしかないようです。
ムダなことから、何かを考えて実行するかどうかを判断する。
これがポイントのようです。


『なぜ、仕事ができる人は「効率」を無視するのか? 逆転発想の時間術』
icon『なぜ、仕事ができる人は「効率」を無視するのか? 逆転発想の時間術』
icon
夏川賀央
星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

リーフライン

posted by かつき at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

『Google アドセンスの歩き方 収益が飛躍的にアップルする最適化の必須テクニック』 グーグル・アドセンス研究会編

アフィリエイトができるブログやサイトを持っているなら
やってみたいのは、グーグル・アドセンス。
なにしろ作業は最初に貼るだけでいいのです。
アフィリエイトのように広告主がやめてしまっても
広告を撤去する必要がありません。

グーグル・アドセンスは、最初の頃は英語のページしかなく、
日本語になっても、説明文がよくわからない箇所が多いのですが
本書でほとんど解決します。

グーグル・アドセンス初心者のために
仕組みや申し込み方法、広告の貼り方から
丁寧にカラーページで説明しています。

特に参考になったのは、どんな大きさの広告を
ブログやサイトのどこに貼り付ければ効果があるのか、
収益の仕組みやアップの秘訣、広告主へのPR、
マルチパレット、フィード向けアドセンスなどです。

このあたりはアドセンスを導入していても知らなかった、
あるいは気付かなかった部分でしょう。

しかし広告でうるさくなりすぎるブログやサイトにならないように
注意しなければなりません。そのためにはやはりコンテンツが
しっかりとしていなければなりませんね。

アドセンス導入例は法人が多く、個人ではあまり参考になりません。
部分部分で参考になる程度です。

また次々にアドセンスは機能がプラスされていくので
もっと使い勝手がよくなると思います。
こういう進化がグーグルには多いので
手法として知っておくことも大切だと感じられました。

収益が格段に大きくなる秘策は掲載されていませんが
まずはやってみる価値があります。なにしろ無料ですから。


『Google アドセンスの歩き方 収益が飛躍的にアップルする最適化の必須テクニック』
icon『Google アドセンスの歩き方 収益が飛躍的にアップルする最適化の必須テクニック』
icon
グーグル・アドセンス研究会編
星星星星
矢印オレンジ amazon.co,jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

リーフライン

posted by かつき at 13:39| デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

『寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ』 田中千瑞禾

無料ブログを使い、月に数万円の売り上げを目指す
アフィリエイトのノウハウです。

無料ブログはFC2ブログ
とライブドアブログを推奨し
基本のアフィリエイトはGoogle Adsenseです。
ただライブドアブログではコンテンツ連動型の広告が禁止なので
グーグルアドセンスが使えず、ほかのアフィリエイトを使用します。

ブログの立ち上げ方から、商材の選び方、
検索されやすいブログの記事の書き方、
ブログのカスタマイズまで行いますので、
かなり本気で儲けようとしないと挫折するでしょう。

また、自動化までには長い道のりがありますので
この本を読み、すぐに全自動でブログが運営できるわけではありません。
ブログアフィリエイトは文章を書くのが
好きな人でないと無理、というのは変わりません。

でも、この全自動システムをCD-ROMに収録された動画で
わかりやすく説明していますので
やる気のある人には入門編としてお勧めです。
費用も最低限に抑えられていて、親切です。

全自動が無理でも、自分のブログで月1〜5万円程度の
収益をあげたい人にも参考になるでしょう。


『寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ』
icon『寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ』
icon
田中千瑞禾
星星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


リーフライン






posted by かつき at 17:45| デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

デキる女の仕事術 リスト

伝書鳩 黄色 仕事術


伝書鳩 黄色 ビジネスマナー


伝書鳩 黄色 時間術


伝書鳩 黄色 整理術


伝書鳩 黄色 ITスキル


伝書鳩 黄色 会計


伝書鳩 黄色 文章術


伝書鳩 黄色 手帳術


伝書鳩 黄色 データ分析


リーフライン


ネットで売れてるビジネス書→ビジネス書ランキング




posted by かつき at 10:06| デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

『マッキンゼー流 図解の技術』 ジーン・ゼラズニー

米国マッキンゼーのビジュアル・コミュニケーション・
ディレクターによるプレゼン資料のノウハウ集です。

基本的なチャートは5種類しかなく、
それをどのように選び出し、プレゼン資料を作るか、
というのが読みどころ。

5種類のチャートは、
バイチャート(円グラフ)
バーチャート(棒グラフ)
コラムチャート(柱状グラフ)
ラインチャート(線グラフ)
ドットチャート(点グラフ)

という馴染みのあるもの。

一見、簡単そうに見えて
実はそのグラフでいいたいこと=プレゼンでの主張を
正確に、あるいは的確に伝える技術は意外に難しい。

まずは「コンセプト」なり「メッセージ」なりを決め、
そのメッセージから的確な比較方法=チャートを選び出します。

メッセージの分析が重要で比較方法を5つに分類します。
コンポーネント(構成要素)比較
アイテム比較
時系列比較
頻度分布比較
相関関係比較

それぞれの比較方法にあったチャートを作成します。

毎週のように企画書などを作成している
ビジネスマンにとっては重要なスキル。
簡単に練習できるような構成になっています。
初心者向きに書かれていますので
やや手ごたえのないところはありますが、参考にしたい。

ただ、後半のビジュアルイメージのメタファーは不要で
スクリーンで見せるためのノウハウもあまり必要ないので
評価が下がってしまいました。


マッキンゼー流 図解の技術
icon『マッキンゼー流 図解の技術』
icon
ジーン・ゼラズニー
“Say it with Charts, 4/E”
Gene Zelazny
訳 数江良一・菅野誠二・大崎朋子
星星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


リーフライン





posted by かつき at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

『ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則』 ジョン・ケーブルズ

アメリカの広告業界で50年以上活躍してきた
コピーライターによる宣伝広告文のバイブル。

実際に、売上が伸びたコピーから
著者が学んできたルールを惜しみなく披露しています。

見出しを書くルール、見出しの型、キーワードを使う見出し、
コピーのお勧めの型、コピーの効果を高める法則、
問い合わせを増やす方法、レイアウトとビジュアルなど
コピーライティングに関することを、さまざまな角度から探っています。

豊富な事例をあげて説明しているので
すべて納得できてしまいます。
ここに記載された宣伝に乗せられて買ってしまう製品が
ひとつやふたつではきかないと実感できます。

言葉に対して最新の注意を払うことは
人間の心や行動、感情にピンポイントをあてること。
そこに訴求するテクニックはすばらしい。

また広告をテストするという、忘れがちな点にも注目しました。
書いて満足してしまうのではなく、検証する姿勢から学ぶことが多い。

ネットではイメージ広告よりも
文字の訴求力は数段に勝っています。
事例やルールが多いので、何度も読み返しながら
トライ&エラーを繰り返し、使いこなしたい本です。


ザ・コピーライティング
icon『ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則』
icon
ジョン・ケーブルズ
“Tested Adverntising Methods, Fifth Edition”
Jhon Caples
監訳 神田昌典
訳 齋藤慎子・依田卓巳
星星星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


リーフライン




ラベル:宣伝 広告 コピー
posted by かつき at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

『仕事の道具箱 この箱を開ける10本のカギがあります』 中島孝志

古今東西のビジネスノウハウ――思考法、
アイデア発想法、時間の使い方、情報管理、問題解決法、
決断・判断、話し方、営業力、リフレッシュ法、
人生の成功法則を10章にまとめた本です。

それぞれ見開きで、ひとつの方法を紹介していきます。
この方法が道具。
全体としては道具箱のように様々なビジネスノウハウが
取り出せるようになっています。

紹介方法も見開きの1ページに文章、
1ページに図解でわかりやすい。

たとえば第1章の段取りの道具箱には
最重要・優先順位のつけかた、戦略思考、課題分割法、
アイビー・リー2万5000ドルのアイデア、
かんばん方式、エレベーター・プレゼンテーション、
ABCDE法、リバース・シンキング、
完璧理解・ステップアップ法、自立訓練集中法が詰まっています。

それぞれが一冊の本になっていますから
この本だけで理解できないところは
すぐにどの本を見ればいいかがわかります。
しかもロングセラーの本ばかりなので、簡単に手に入るでしょう。

また著者自身のノウハウもあります。

様々なビジネス書をこのように整理して
活用できたらいいなあ、と思いました。
ひとつひとつのノウハウも勉強になりましたが
著者の情報管理方法が優れています。


『仕事の道具箱 この箱を開ける10本のカギがあります』
中島孝志
星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ
矢印ピンク bk1の詳細ページ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


リーフライン



posted by かつき at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。