2010年02月03日

『本田式サバイバル・キャリア術』 本田直之

レバレッジシリーズの本田直之さんによるキャリアデザイン術。
「いまや「安定」という言葉は、消え去りました」
という前提から始まる「個人サバイバル時代」を生き抜くための
パーソナルキャリアの築き方を指南します。

しかし独立や起業を勧めるのではなく、
会社に勤めながら、その会社をキャリアに利用し、
さらにステップアップしていく方法を自分で作り上げます


>>続きを読む
posted by かつき at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

『ナチュラル・キャリア実践術 無理しないほうがうまくいく!』 弓ちひろ

キャリアカウンセラーでセレジョブライフキャリア研究所代表の
弓ちひろさんによるキャリアの築き方。

タイトルにもあるように、「ナチュラル」ですから
「無理はしない」「ふつうに生きる」「ラクできるところはラクをする」姿勢で、
仕事をします。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

【本】『幸せの作法 働く女性に贈る61のヒント』 坂東眞理子

一生、仕事をしたいと考えている女性のために
その仕事や生き方、働き方のスタンスを説いた一冊。

幸福になるには、幸福を望むのではなく、
自分で少しずつ幸福をつくり上げなさい
」という
相変わらずの坂東節が聞かれます。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

『会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール 若者と女性が教えてもらえないキャリア・アップ法則』 福沢恵子・勝間和代

『ビジネス・ゲーム 誰も教えてくれなかった女性の働き方』
コンセプトをベースにしたキャリア・アップのための処世術です。

『ビジネス・ゲーム』は70年代のアメリカで働く女性に向けて
書かれているので、時には当てはまらないこともあります。
(それでも「働く女性のバイブル」として必読書でしょう)

本書は、日本の会社のリアルなルールを
働く女性の立場、そしてキャリア開発の
ジャーナリストの気づきといった視点から構築しています。

出世のために仕事をすべきか、それともやりがいを求めるべきか。
まじめに働いていれば、いつか認められる。
社内政治からは距離をとって、中立を守る、など。

働いていれば、多かれ少なかれぶつかる、正解の出ない問題
テキパキと答えてくれます。

人間関係にうまく対応できない人、
仕事はまじめにやる以外にやり方が分からない人、
ちょっとした失敗にクヨクヨする人には
目からウロコが落ちることでしょう。

また巻末には辛口対談があり、
「自分の器を知ること」という耳が痛い話が聞けます。

これはルール2にも通じるのですが
本人が感じているほど、実は有能ではないことがあります。
目標をすべての人がクリアできるわけではないので
ある程度努力した後の見切りも、
キャリアアップには重要なカギでしょう。


bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
成長する組織にいるかぎり、個人も成長し続けなければ、居場所がなくなる

仕事において有能であるとは、相手の期待値を超えた仕事をすることです。

期待値を満たすのは、せいぜい20〜30パーセント増しぐらいまでにとどめておきましょう。そしてまた次の仕事で、120、130パーセントの結果を出すということを続けていくわけです。最初からそんなにハイペースで進める必要はありません。

リスクとは、何かのリターンを得るために必要とされる、金銭的・時間的な投資なのです。

組織内におけるコストセンターとは、おもにコストだけが集計され、外部からの収益は集計されない部門のことです。したがって、それらの部門は原則として、コストに対してのみ責任を有します。一方、プロフィットセンターとは、収益と費用が集計される部門。したがって、利益に責任を持ちます。

女性の場合、「やりくり」の概念をそのまま仕事に持ち込んで、使うべき経費を使わないことを自慢していたりしますが、それは間違いです。不要な経費は使うべきではありませんが、より大きな売上につながる経費であればそれは積極的に使ってもいいのです。

中傷誹謗・妨害行為は、組織の中である程度実力を持っている、存在価値がある人材になると、必ず起こりうること

プライベートのときに仕事のことを考えているのは、仕事人間なのではなく、仕事を楽しんでいるからこそ。仕事と生活ははっきり分離されることなく、お互いによい影響を及ぼす相互補完の関係にある

産休・育休を経ても帰ってきてほしいと望まれる戦力であるかどうかによる

同じ教育を受けても、伸びる人、伸びない人がいるわけですから、やはり個々人の能力差というものはあると思います。これがさっき言った「器」ですね。


bard_happybird.gif 目次 (ディスカヴァー・トゥエンティワンのサイトより)
はじめに 
女性たちってこんな時代を歩んできたんだ…
15のリアル・ルール、教えます
ルール1 出世のために仕事をするべきではない。やりがいが重要である ーこれって本当?
ルール2 まじめで有能であれば、周りから、認められ評価される ーこれって本当?
ルール3 社内政治は本来あってはならないもの、関わるべきではない ーこれって本当?
ルール4 仕事は中身が重要であり、お金にこだわるべきではない ーこれって本当?
ルール5 仕事の場で群れるのは慎むべきだ  ーこれって本当?
ルール6 上司からよくほめられるのは、評価が高い証拠である ーこれって本当?
ルール7 本音とタテマエを使い分けてはならない  ーこれって本当?
ルール8 人を攻撃してはいけない   ーこれって本当?
ルール9 人から嫌われてはいけない   ーこれって本当?
ルール10 残業もいとわず、できるだけたくさん仕事をする人のほうが評価される  ーこれって本当?
ルール11 上司の機嫌をとるよりも仕事の内容で勝負すべきだ  ーこれって本当?
ルール12 失敗して叱られるようなことがあってはいけない  ーこれって本当?
ルール13 仕事とプライベートはきっちり分けるべきだ  ーこれって本当?
ルール14 産休・育休は、当然の権利として堂々ととっていい  ーこれって本当?
ルール15 ルールはいかなるときも守らなくてはならない ーこれって本当?
辛口対談……ここだけの話
これで完璧! チェックリスト
あとがき


セブンアンドワイの『会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール』へ
icon『会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール 若者と女性が教えてもらえないキャリア・アップ法則』
icon
福沢恵子・勝間和代
☆☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← ランキングに参加しています



リーフライン



posted by かつき at 12:24| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

『ビジネス・リーダーへのキャリアを考える技術・つくる技術』 グロービズ・マネジメント・インスティテュート

将来は経営に携わりたいと考えていたり、
着実にキャリアアップしていきたいと思っても、
なにから手をつけていいかわからない人に
とても有効な1冊です。

キャリアアップするためには、
そのステップで求められているスキルや能力が
ある程度、クリアできていないと難しい。

トップ、ミドル、担当といったステップごとの求められる能力を
明らかにし、自己分析、現状分析から、将来の希望まで
きれいなラインを描く
助けをしています。

数人の事例を出しながら説明していくのですが、
実際に、グロービズ・マネジメント・バンクに
キャリア・カウンセリングに訪れた人や
キャリア・スクールに通っている人が登場します。

企業に勤める、同期よりも少し優秀であったり、
1歩リードしている人が事例になっています。
彼らは、モデルが身近にいないからこそ、
キャリアをどう築いていいかわからない。
また、自分の希望と適性がマッチしていない、
といった悩みがあります。

実力チェックシートやキャリア・ステップのシートを書き込みながら、
自分のキャリアを客観的に考えることができるようになっています。

また実力をつける方法も的確で、効果をあげやすいでしょう。
20代、30代の人は必読です。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
キャリア戦略の成功度合いをはかる一つの尺度は、自分の商品価値(=実力)がどれだけ高まったか、ということである。(中略)選択した舞台では実績(顕在能力)をいわばブロックのように積み上げることになるが、商品価値的に高いところほど次の舞台には自分がすでに積み上げたブロックと地続きになっているところしか選べない。

担当とミドル、ミドルとトップの間には質的な違いがある。今やっていることをさらに伸ばすように努力をしても断層は超えられない。意識して断層を超える必要がある。

トップの役割
【構成力】
・魅力的なビジョンや競争優位に立つ戦略を描く。
・組織を一段上に引き上げること(量的な変化では不十分)ができる。
・戦略的な(=頭を使った)プランによって大きな課題をクリアする。
【コミュニケーション力】
・人を感銘させられる。人を困難に挑戦させてしまう。
【組織を動かす力】
・組織設計、リクルーティング、育成システム構築、配置、組織文化情勢などを通じて組織を動かしていく。
・長・短期ビジネスの採算をコントロールする(採算責任を負う)。
【プレイヤーとしての力】
・計画を最後にはなんとか実現する。
・ヒト、カネその他の資源を自分の力で調達する。
・会社に大きな影響を与えるディールを取ってくる。

4つのキャリア・タイプ
経営者・企業内専門家・起業家・独立型プロフェッショナル

・やりたいことが見つかる可能性を上げること
・やりたいことが見つかった時にそれができる可能性を上げること

「よい転職をしたい」という人は多い。しかしその時にイメージしているのは、目の前の転職を成功させることだけで、その次のステップについては考えていないことが多い。しかし転職は目標に向けてステップアップすることなのだから、さらに先のステップを目標に向けて踏み出せるのかどうかも確認しておくべきである。

基礎知識の獲得とはたくさんお経営用語を記憶することでも、実務手続きを覚えることでもない。基礎知識とは、これだけは忘れてはいけないというエッセンス(真髄)である。そしてエッセンスのエッセンスたるゆえんは、次のようなところにある。一つはその分野のいろいろなルールやツール・用語について「Why?:どうしてそうなのか? so what?:づるとどうなるのか?」を説明するものだということだ。(中略)エッセンスのもう一つの特徴は、「(その分野を知らない人が持っている)一般常識や傾向とは違う」というところにある。

ビジネス・リーダーとしては、単に知識を持っているだけでなく、
・その分野の知識をよく整理して、かつビジネス的意味を理解している
・その分野のあるべき姿やこれからの方向性を自分なりに考えている
・その分野に影響を及ぼすファクターを押さえている
ことが求められる


bard_happybird.gif 目次
はじめに
第1章 キャリアの落とし穴
第2章 現状分析
第3章 キャリア戦略とその実行
おわりに


ビジネス・リーダーへのキャリアを考える技術・つくる技術
icon『ビジネス・リーダーへのキャリアを考える技術・つくる技術』
icon
グロービズ・マネジメント・インスティテュート
☆☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン楽天booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン




posted by かつき at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

再就職のために資格をとる

結婚、出産、子育てを経て、再就職したい。
そういう女性も多いですね。
「女性の活用」が謳われていますが、
現実には、再就職は厳しいことが多いでしょう。

また、再就職しようと思って、求人サイトを覗いていても
なかなか応募までこぎつけられない人も多いようです。

自分に自信が持てない。
本当に家事と子育て、仕事がこなせるだろうか。
不安は次々にわいてきます。

そんな時には資格をとって、「売り」にしましょう

この方法のいいことは、勉強している間に
自分の気持ちを固められることと、
同じ目標の友だちが見つかれば、
お互いに励ましあえるということです。

たとえ、通信教育で一人で勉強していていも、
ネットを回っていれば、
同じように頑張っている人が目に留まるものです。
そのような友だちができれば、最初の一歩が踏み出せます。

どんな資格をとるのがいいか、というと、
やはり資格だけ持っていて、
実際には未経験では雇ってもらえない職業は避けること。

ベストの資格は、辞めた仕事と関連する資格がいいでしょう。
それならば経験が活かせます。

またブライダルコーディネーターやフードコーディネーター、
栄養士や調理師、食生活アドバイザーなど、
結婚や出産、子育ての経験が活かせる資格もいいでしょう。

また主婦という生活者の視点からアドバイスできる
インテリアコーディネーター、
キッチンスペシャリストなどもあります。

私の友人で、子どもが小学校に入ったのをきっかけに
日本語教育能力検定をとって、日本語教師になった人がいます。

彼女は子どもの幼稚園で、韓国人のママ友達ができ、
日本語や日本の習慣を教えているうちに、
この仕事に興味を持つようになったそうです。

独身の頃よりも、広がった視野で働いている姿には
いつも励まされます。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン





posted by かつき at 12:48| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーフティネットとして資格をとる

資格はセーフティネットとして活用する道もあります。

私は医療事務の資格を持っています。
でも、この資格をとる前も、とった後も
病院で働いたことはありません。

この資格を取ろうと思ったのは、
まず第一に日本全国、病院さえあれば事務の仕事は必ずあること。
しかも人材派遣会社が学校についていて、
仕事を斡旋してもらえるという保証があります。
また未経験でも採用してもらえます。

おそらく実際に働く時には
給与、待遇、病院までの距離、時間など
条件面でクリアしなければならない問題点が出てくると思います。

でも、この医療事務の資格は私にとっては
精神的セーフティネットです。

「今の仕事がダメになっても大丈夫」という気持ちです。

もちろん、実際に医療事務をやる時は全力で取り組みます。

資格はイザというときのための手段
そんなふうに思って、ひとつとっておくと
仕事での行き詰まりを感じた時、不安が軽減されます。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 12:41| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアチェンジのために資格をとる

資格をとって、別の職業に転職したい。
そんな人も多いでしょう。

よく資格をとっておけば就職や転職に有利と言われますが
実際には資格だけたくさん持っていてもムダです。

やはり経験がないと、なかなか就職歳が見つからないのも現状です。

転職やキャリアチェンジのために資格をとるのなら、
その職業をしっかりと調べましょう


その職業に必要なノウハウはどのような内容で、
どこで勉強するのが有利でしょうか。

また、求人サイトでその職業の求人情報を見てみましょう。
未経験者でも採用してくれるところはどんなところでしょう?

また未経験者ですと、最初はアルバイトやパート、
契約社員扱いになることがほどんどです。
今の収入と比べてダウンするのなら、その覚悟も必要になります。

しかし、ほとんどの場合、一生懸命に取り組めば道は開けます。

今まで興味があったけれど、
どこから第1歩を踏み出していいかわからない場合、
今の仕事を続けながら、資格取得を目指し、
その職業や業界のことを知るのは、いい勉強になるでしょう。

そして自分の好きな仕事、興味のある仕事に就くまで
諦めずに勉強しましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 12:38| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステップアップのために資格をとる

資格をとる目的は、その人によってさまざまです。
スキルや専門性を身につけるため。
将来、独立するため。
仕事を得るため、など。

ここではステップアップのために
仕事のスキルや専門性を身につけるために
資格をとることをみてみましょう。

資格試験のためのテキストとは、とてもよくできています。
その専門知識を網羅し、俯瞰して見ることができるようになります。
経験だけでは学べない専門性と客観性を身につけることができます。

ステップアップのためにどんな資格を選べばいいか、
迷う人も多いでしょう。

例えば、すでにネイリストとして働いていて
テクニックも身につけ、お客様にネイルアートができていたとしても
ネイリストの資格「JNAネイリスト技能検定試験」の勉強をすると
ネイルアートだけではなく、破損したツメを補修したり、
薄くて弱いお客様のツメをカバーする技術が身に付きます。

検定は1級、2級、3級に分かれており、
合格すれば、就職や転職の際に有利になります。

またステップアップのための資格取得として、
関連知識を身につける、という視点もあります。

例えば、飲料メーカーに勤め、
営業で街のレストランを担当していれば、
ソムリエや唎酒師などの資格はとても役に立つでしょう。

またフードコーディネーターや
ベジタブル&フルーツマイスターなどの資格をとり、
お酒とお料理のコラボメニュー提案ができれば
レストラン側にも喜んでもらえます。
それによって飲料の注文が増えれば売上がアップし、
評価も高まり、次のステップが見えてきます。

少し目線を変えるだけで、いろいろなステップアップが可能です。
好奇心をもってチャレンジしてみましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 12:32| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門性を身につける

キャリアアップに欠かせないのは、
仕事へのモチベーションや
スケジュールなどの自己管理、
コミュニケーション能力などのスキルもありますが
何よりも仕事の専門性です。

専門の仕事ができることが第一条件

専門性を見つけるには、その仕事を実際にやって吸収することと
勉強することを同時進行する
ことです。

具体的な方法としては、参考になる本を読んだり、
資格をとったりします


これらは手っ取り早く業務手順や、その仕事の意義、
業界の情勢などを俯瞰して見ることができます、

特に資格試験は、その仕事に必要な知識や専門性を
効率よく網羅しています。
業務によっては、やみくもに参考書を読むよりも
早く身につけることができるでしょう。

また資格をとっておけば、客観的にも評価されます
転職や再就職の際に、有利になります。

仕事をしながら勉強するというのは
スケジュールも体力も負担が大きいので
このような資格試験勉強を利用して、
そのレールの上を走ることも有効でしょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 12:26| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本を読む

スキルを身につけたり、新しい知識、専門知識を学ぶのに
いちばん安い方法は、「本を読むこと」です。

本は、学校や通信教育と違い、
学ぼうと思えば本屋やネットで簡単に買うことができて、
すぐに学び始めることができます。
時間や場所が限定されません
いつでも読み返しができるのもメリットのひとつです。

基本的な仕事のスキルは、ほとんど本で学べます。
それを実行→検証→再実行と繰り返しながら
スキルアップしていきます。

最初にも書きましたが、本は通信教育や学校などに比べると
安いですね。
スキルの本であれば、1,000〜3,000円程度です。

読書が習慣になっていないと、一冊読みとおすのは大変ですが
学びは一生続きます。
一度、習慣になってしまえば、苦にはなりません。
読書ほど安く、手軽にステップアップする方法が
身につく方法はないので、ぜひ読書は習慣化したいですね。

また、仕事でうまくいっている人で
本を読まない、という人はおそらくいないのではないでしょうか。
ほとんどの経営者は、読書は趣味のひとつです。
それほど本は大切な学びのツールです。

このブログでは「読書のコツ」を10個、紹介していますので
参考にしてください。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 10:04| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキルを身につける

キャリアアップのためには、仕事がデキることが絶対条件です。
日々の仕事を効率よく、うまく回す人を仕事がデキるというでしょうし
業績を確実に挙げる人が仕事がデキるといえます。

そのためには仕事に欠かせない、
さまざまなスキルを身につける必要があります。

 ビジネスマナー
 コミュニケーション力(話し方・聴き方・伝え方・人間関係)
 謝罪と反論
 ビジネス文書作成
 パソコン操作


これに加えて、仕事をスピーディーに効率よくこなす能力
必要となります。

 時間術
 整理術


といったものがあるでしょうか。
また時間管理、スケジュール管理のための手帳を
うまく使いこなす能力もあるでしょう。

さらにキャリアアップしてからも

 マネジメント能力
 企画力
 アイディア
 交渉術
 専門性のさらなる追求
 情報収集力
 数字を読む力
 ネットワークづくり


独立したり、企業のトップを目指すのなら
起業や経営、商売繁盛のスキルが必要となります。

またそもそも、仕事に対する姿勢や思考法なども必要となるでしょう。
このブログでは「デキる女の仕事術」で、
これらのスキルに役立つ本を紹介しています。

ひとつでも多くのスキルを、早く身につけて
自由自在に仕事をこなせるようにしたいものです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

リーフライン



posted by かつき at 09:52| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

長期プランは必要か

キャリアを築こうと思うと、長期プランが必要とよく言われます。
ビジネス書でも、10年後、20年後の自分の姿を
思い浮かべようなどと
書かれていることがあります。

でも、私はこの考え方には反対で
キャリアは仕事をしていれば自然にできるものであり
自分で作るものではない
、と思うのです。

例えば、私は大学を卒業してすぐに販売の仕事をしたのですが
この販売業は転職の際に軽く見られます。
キャリアとして認めてもらえない、と考えられがちです。
しかし、どんなものを販売し、月間や年間の販売額や
顧客数をはっきりと数字で表せれば、立派なキャリアです。

もちろん、ここから全く別の仕事に転職する際には
あまり重要視されないでしょうけれど
それはどんな職種でも、同じことが言えます。

この数字を出すには、日々の仕事への取り組みが重要になってきます。
ただ「いらっしゃいませ」」と「ありがとうございました」を
繰り返していたのでは数字はついてきません。

このような仕事への姿勢と、結果としての数字を意識して
今の仕事でキャリアを築くにはどうしたらいいだろうと考えれば
自然にキャリアが築けます。

また、とても早く時代が流れています。
一時期、証券アナリストなど金融関係の求人が増えましたが
リーマン・ショックやサブプライムローンからの不況で
これらの求人が減ってしまいました。

つまり、10年後のプランを立てても、
それが時代にマッチしていなければ
お金にもならず、人にも喜んでもらえません。

そういう意味でもガチガチな長期プランは無駄でしょう。

もしもプランを立てるのなら、次のステップではこうしたい、
といった目標を立て
少しずつ実行していけるものにしましょう。

そして時代の変化に合わせて、臨機応変に仕事を見つけたり
作りだしたりしましょう。

女性の場合、結婚や子育てはどうしようという不安があるでしょう。
これもあまりガチガチに考えず、今、結婚したいから婚活をやる、
子育てしたいから、そちらを優先するといった、
今現在や2、3年間のプランを考えるのはいいでしょう。

ただ結婚もご縁ですし、子どもも授かりものです。
あまり深刻にならず、仕事もプライベートも
楽しんだほうがいいでしょう


にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン


posted by かつき at 13:25| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリアとスキルの違い

働く女性の悩みで
「いつまでたっても同じ仕事ばかりでつまらない」
「いつになったらポストが上がるのかわからない」
「キャリアをどうやって積み重ねていいか、わからない」
といったことがよくあります。

しかし、そもそも、キャリアとスキルの区別が
よくわかっていない人も多いでしょう。

キャリアとは、広辞苑第6版によると
「1 (職業・生涯の)経歴。
 2 専門的技能を要する職業についていること。
 3 国家公務員試験1種(上級甲)合格者で、本庁に採用されている者の俗称。」

3の意味は、今の場合とは無関係なので無視しますが、
1と2は覚えておきたいですね。

ビジネスでは、1の意味が強く、その人の職歴をキャリアと言います。
どんな仕事をどのくらいの期間やったか、というものです。

ですから、いろいろな仕事をこなしていれば、
また同じ仕事でも長く続けていれば、
それはそのままキャリアになります。

以前はキャリアと言うと、2の意味合いが強く、
なにか専門職を、と自分探しをしたものですが
この頃は目に見えることだけではなく、
例えば、企画力やコーディネーター的存在も
キャリアとしてしっかりと自己PRできるものになりました。

スキルとは、同じく広辞苑第6版では
「熟練した技術。手練。」

とあります。

つまり、仕事の技能のことです。
知識や訓練などを通して、その人が身に付けた能力のこと。
さまざまな技能がスキルとなりますし、
資格もスキルの一種のことがあります。

手練という言葉通り、職人的な技術もありますが
ビジネスシーンでは、人間的な能力のほうが重要視されるでしょう。

例えば、コミュニケーション能力や整理術、時間管理術、交渉術、
ビジネス文書作成、パソコンの技能といったものです。

重要なことは、キャリアを築くにはスキルが不可欠だということです。

日々の仕事をこなすうえで、資料を手早く集め、まとめ、
企画に落とし込んだり、
顧客管理をしっかりとし、営業の成績を上げていく交渉スキルが
ある人が仕事を達成し、キャリアとして認められていきます。

つまり、まずはスキルをひとつひとつ身につけることが
キャリアを築く
ことになります。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ← ランクアップがモチベーションアップです!

リーフライン




posted by かつき at 13:19| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

『キャリア形成に生涯学習をいかした女性たち 改訂版』 国立女性教育会館

このブックレットに登場する20人の女性はほとんど、
結婚、出産、再就職、また夫の転勤、子どもの死などを経験しながら、
仕事やボランティア活動を精力的にこなした、
普通の女性ばかりです。

キャリアの本を読むと、バリバリと仕事をする、
能力も学歴もある女性が多いのですが
この本に登場する女性は身近なロールモデルといえます。
マネできるところから始めてみようと勇気をもらえます。

彼女たちに共通しているのは、どんな状況でも
「働こう」「稼ごう」「何かがしたい」と自ら動き、
情報を集め、ネットワークを活用したこと。


身近な自治体の広報誌や知人からの紹介といった情報を
見逃さない機敏さと決断力を感じます。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
これまで「譲れない」と思ってきたことは「妥協しないこと」だった

世間の思い込みや偏見の中では、やはり人と違った知識やスキルは重要であり、佐藤さんは、パソコンと経理の資格という組み合わせの妙により、人よりも優位なポジションにいる

仕事と家族やボランティアなど仕事以外のこととのバランスを上手にとりながら、「自分がやった仕事をステップにするのが一番効率的な」キャリアである


bard_happybird.gif 本書に登場する女性
保健師、フラワーアレンジメント講師、専門学校図書館職員
報道記者、市議会議員、翻訳家、不動産鑑定士、農業者
講師&事務職、大学国際交流センター、保育ボランティア
表現ボランティア、ネットワークを経験を活かしたNGO活動
福祉NPO活動、演劇、社会教育ボランティア
女性相談と子育て支援、市議会議員からNPO活動
女性問題学習の企画運営、男女共同参画の政策提言

『キャリア形成に生涯学習をいかした女性たち 改訂版』
国立女性教育会館
☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン


posted by かつき at 09:23| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

『新版 女性のキャリアデザイン 働き方・生き方の選択』 青島祐子

産業教育学、女性学の講師として活動しながら
キャリア教育やキャリアカウンセラーも行っている著者による
キャリア論。

女性の幸せ感の変遷や男女雇用機会均等法の改定点など、
やや学術的なのですが、女性の働く意識や姿を知る上で
とても貴重な資料
です。
働く女性は、ここに自分の姿を見出すかもしれませんし、
企業の人事担当者も、女性の活用を考える上で参考になります。

特にキャリア教育においては、
「その時の雇用環境や求人ニーズ、各社の採用条件」がまず最初にあり
次に自分の興味や関心、能力や性格を考えて、
両者をすり合わせてきましたが、、
現在は雇用関係が大きく変わっており、
「企業・雇用環境軸」よりも、「個人軸」に焦点を合わせて
個人の志向を主体としたキャリアデザインを行うことが必要である
、と提言しています。

自分に向き合うというのは、難しく、厳しい面もあるでしょう。
しかし、自分の手の中にあるものを大切にするというのは
ワークライフバランスをとる上でも必要なことでしょう。

女性が働くことを今一度、考えさせてくれる一冊です。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
男性の職業生活は、女性や家族や組織からの手厚いサポートに支えられている側面が強いが、女性が働き続けるには、周囲の条件に加えて、本人の強い意志が必要である。

近ごろ、「普通の主婦から」というキャッチフレーズがついたスペシャリストや、起業家に人気が集まっている。(中略)ごく普通の主婦として幸せに暮らしていた経験を持ち、ほんのちょっとしたきかっけで(がつがつ仕事を探しまわったりせずに)新しい分野で活躍するようになった経歴である。(中略)だが少し考えをめぐらせれば、ごく普通の主婦から出発し、まったく新しい分野にチャレンジして、世間に認められるまでになるには並大抵の苦労でなかったことは想像に難くない。さらに有名になってからも、会社を起こし、スタジオをつくり、自分の名前のついたショップを何店も運営し、講演・テレビ・雑誌に顔を出して語ったりするには、相当のエネルギーがいるはずである。とても主婦の片手間にやれることではない。

女性起業家の時代を予感させる要因
1 女性が既存の企業が注目してこなかった分野に目をつけ、ビジネスを展開していること
2 女性のネットワークをうまく利用し、新しい協力体制をつくりあげている
3 パソコンとインターネットの広がりが、女性起業家を強力に後押ししている

改正均等法に新たに盛り込まれたポジティブ・アクションは、男性優位の企業組織を根底から揺るがせる可能性をもっている

総合職として働く女性を対象に、仕事と家庭のバランスをどのように考えるかを聞いた調査結果によれば、「仕事も家庭も大切にしていきたい」と考える者の割合が最も高く56.7%に達する

会社への帰属意識が高く、献身的に与えられた目標を達成する会社人間では、激変する経営環境に対応し、成果を上げることができなくなった。代わって、高度な専門能力コンピテンシー(高い成果をあげうる行動特性)をもった人材の必要性が高まってきた

キャリア・アンカーのカテゴリー
1 自立性志向 大組織で働くよりも、自立的なキャリアを選ぶ
2 創造性志向 自分自身の何かを生み出したい欲求を中心にキャリアを決定する
3 専門職志向 特定の領域を中心にキャリアを組織化し、その組織内でやりがいを求める
4 安定性志向 キャリアの安定性に最大の関心を置く
5 経営管理者志向 管理職の地位をめざし、組織の序列を昇っていくことに関心がある


bard_happybird.gif 目次 (学文社のサイトより)
第1章 変わる幸せの指標
 1 女の「一生」の変化
 2 人生のオプションとしての結婚
 3 揺らぐ専業主婦像

第2章 学生から職業人へ
 1 何のために働くのか
 2 就職と進路選択
 3 キャリア教育
 4 インターンシップ

第3章 「女の仕事」の変容
 1 OLが消える
 2 スチュワーデスというブランド
 3 派遣という働き方
 4 起業する女性たち

第4章 男女雇用機会均等法と女性労働
 1 男女雇用機会均等法の制定
 2 第一次改正均等法の成立と改正のポイント
 3 改正均等法(第一次)の効力
 4 ポジティブ・アクションの可能性
 5 第二次改正均等法がめざすもの

第5章 女性とキャリア
 1 企業内キャリア形成
 2 職業継続に向けて
 3 仕事と育児の両立
 4 資格でキャリアアップ

終 章 キャリアデザイン
 1 職業生活の展望
 2 〈自分〉を発見する道
 3 働き方・生き方の選択


女性のキャリアデザイン
icon『新版 女性のキャリアデザイン 働き方・生き方の選択』
icon
青島祐子
☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン

posted by かつき at 12:24| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

『ハッピーキャリアのつくりかた』 金澤悦子

ネットのお仕事ブログなどを提供している「はぴきゃり」編集長、
フォーウーマン代表取締役の金澤悦子による
キャリアの築き方を伝授した本です。

リクルートでキャリア女性のための求人雑誌「ウーマンtype」
立ち上げた人だけあって、
他のエリートウーマン向けのキャリア本とは違い
多くの普通の女性が実感できる内容でしょう。

ハッピーキャリアとは、自分の好きな仕事、
使命を感じる仕事をしながらプライベートも充実し、
ハッピーに暮らそう
というもの。

女性のキャリアの大切な時期を20代後半に
限定してしまっているところが
唯一、納得できませんが、その他はとても共感できます。
一歩一歩、その時に現れたチャンスをつかみ、
あるいは悩みに向き合って、自分をステップアップ
させていきます。

はぴきゃりでお仕事ブログを書いて、
仕事やキャリアに活かしてほしいと
その活用方法にも触れています。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
仕事は生活の糧です。でも、やりがいのある仕事で得た収入が生活に潤いを与え、充実した生活がまた、仕事の原動力になるんです。そんなプラスのスパイラルがハッピーキャリアです。

5つのハッピーのタネ
「好きなこと、得意なこと」というタネ
「仕事のテーマ」というタネ
「人間関係と職場環境」というタネ
「働き方」というタネ
「ライフスタイル」というタネ

五つのタネは一気に育てていく必要はありません。全部を育てていくことよりも、目の前にあるタネにきちんと取り組むことが大切です。

「きっかけ力」のある人は、自分が「どうなりたいのか」が具体的に描ける人なんです。

「きっかけ力」とは、あなたの人生を好転させる人と出会う力です。

「また会いたくなる人」になりたいなら、聞き上手になることが一番の近道だと断言します。

寝坊もせず、朝から元気に参加している人ほど仕事もデキる

「稼ぐ人」は外から売り上げを持ってくる人、「削減する人」は必要経費をできるだけ削ることで利益を上げる人のことなので、実はどちらも会社を稼がせている人なんです。

「上司は育てる」

どんなに経験豊かな人でも、いつでも素直に新しいことを吸収できる人、そんな人が転職リミットのない女性です。


bard_happybird.gif 目次(ダイヤモンド社のサイトより)
はじめに

第一章 キャリアにハッピーがついちゃう!? ハッピーキャリアって何だろう?
 ハッピーキャリア以前、以後
 二〇代後半がチャンス! の理由
 輝く未来のために。五つのハッピーのタネを育てよう
 「書く」という魔法でハッピーキャリアを手に入れる
 若いうちはバランスを崩すくらいがちょうどいい
 ハッピーとラク(楽)は違う
 答えはあなたの中にある
 悩めることは才能!

第二章 実録! ハッピーキャリアのできるまで
 ハッピーキャリア最初の一歩は「好き」との出合い
 燃え尽き症候群で出合ったハッピーのタネとは?
 意地とプライドだけでひたすら走った三年間
 ライフワークとの出合い
 私のハッピーキャリア、これからが本番!
 収穫の秋を夢見て

第三章 運命の出会いを引き寄せる「きっかけ力」を鍛える!
 転機をハッピーキャリアにつなげる力「きっかけ力」とは?
 「道先案内人」に出会う二つの条件
 ピンチとチャンスは一緒にやってくる
 チャンスのある人、ない人
 笑顔のあるところにチャンスあり!

第四章 今日から始める! きっかけ美人の発想トレーニング
 「ありがとう」と言える女になろう
 褒め美人になろう
 気前のいい女になろう
 ハッピー・リアクションを身につけよう
 三つ目の顔を持とう
 女優になろう
 稼ぐ女になろう
 ファンを増やそう
 猛獣遣いになろう
 一流の女になろう
 シンプルに生きよう
 リミットフリーな女になろう

第五章 ブログでハッピーキャリア・メイキング!
 ブログがハッピーキャリアに効く理由
 「書く」の意外な効能
 「お仕事ブログ」を書こう!
 ハッピーキャリアに効く「お仕事ブログ」の始め方
 まだまだある! 「お仕事ブログ」のこんな楽しみ方
 目指せ、ハッピーキャリア! 一ヶ月プロジェクト

おわりに


ハッピーキャリアのつくりかた
icon『ハッピーキャリアのつくりかた』
icon
金澤悦子
☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン


posted by かつき at 12:15| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

『女性の向上心』 井形慶子

イギリスをテーマにした情報誌
「ミスター・パートナー」 の編集長であり
会社も経営している井形慶子の、働く女性をテーマにした本です。
彼女は、住宅関連の雑誌編集が長いので、
イギリスの家をテーマにした本が多いのですが
本書では、自分が成し遂げてきたことを語っています。

女性が働く上でネックとなる、世間が決める女性の限界、
自分のなかにたまっていく不満や愚痴、
どうしても心に浮かぶ嫉妬心、
すぐに挫折してしまう癖、
また家事や子育てといった物理的な問題。

それらを乗り越えるために、常に自分のなかに
向上心と好奇心を持つことが大切
といいます。

ただ、この人は自分の価値観がいちばん、というところがあり
そこから外れてしまうとダメになる、
という客観性に欠ける点があります。

しかし、常にポジティブに、
自立して生きたいと思っている女性の背中を
ポンとたたいて、前に進ませる力のある本です。

特に「おばさん化してパワーアップする」というのには
とても共感できました。
自分がおばさん化しておせっかいをしてしまうことも
世の中の役にたつと思うのですが、
私は日頃、元気なおばさんの店員さんのいるお店を
利用するようにします。
おせっかいな面が気遣いになっているんですよね、そういう人は。
それに気持ちいいです。
おばさんのパワーってとってもいいですよ。

ちょっと前までは、若い子がもてはやされていて
若ければいい、という感じでしたが
世の中の流れも変わってきている気がします。
おばさんパワーを活かしたい。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
まず自分に何が向いているのか、何をしたいのかという混沌とした迷宮からいったん自分を切り離すことが一番だと申し上げます。そして、いま自分が目の前に与えられている日課、たとえば入試、就職活動、あるいは実際に会社員であるならばその職場での業務とか、仕事の中での役割をきちんと毎日こなす。そこから次のステップが見えてくると思うわけです。

一人で向上するときはワンランクしか上がらないけれど、人が集まったときのエネルギーがあれば、その10倍ぐらい上昇できると私は思うのです。一プラス一が十にも二十にもなる人間どうしの化学反応、その吸引力、爆発力をうまく利用する。それをいつも私は無意識に心がけてきたと思います。

女性は、社会に出て自分を殺せない、私的な事情を平気で持ち込んでくる傾向があります。その結果、男性陣が居残って書類仕事や雑事まで引き受ける。

仕事というものを時間と能力を提供して、お金をもらう雇用関係と認識せず、生きがい、やりがい、私は認められるべきという意識が強すぎるきらいがあるようです。一部の優秀な人を除いて、働く労働者として徹しきれないのでは、あの人は使いづらいという印象を残すだけです。

何も人より抜きんでることばかりが女性の向上心ではないからです。むしろ現状維持を無視してキャリアを積もうとする焦りは、向上心にマイナスになると思います。実は現状維持こそ大変なのであり、これができてこそ次のステップに行けるからです。

私が興味を持ったものを必ずお金に換えていくからです。

どうしてもやりたい人は、雑誌の中で自分が記事を書きたいとか、営業をしてお金を稼ぎたいなど、具体的に示してきます。このような人は、仕事に体当たりするかまえがありますから、どうすればいい記事が書けるのか、成績が上げられるのかと教える側もシンプルに向き合え、よい仕事ができるようになるのです。



女性の向上心
icon『女性の向上心』icon
井形慶子
☆☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン

posted by かつき at 12:21| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

『キャリアウーマン・ルールズ 仕事にフェロモン戦略は有効か?』 横江公美

この『キャリアウーマン・ルールズ』は
キャリア女性を「オンナ・タイプ」と
「オトコ・タイプ」というふたつに大きく分け、
今活躍する女性のケースから、
その働き方と出世のコースを見ていきます。

オンナ・タイプとは、見た目もよく、好感度が高く、
フェミニンなファッション。
同僚や部下への手柄配分力が低い。

代表的なキャリア女性は、コンドリーザ・ライスや小池百合子。

オトコ・タイプとは、女を超越して仕事に取り組み、
パンツスーツが多い。
服装はかまわず、愛嬌もないので好感度は低い。
絶対的平等を目指し、手柄を独り占めしない。

代表的なキャリア女性は、ヒラリー・クリントンや緒方貞子。

よくよく読むと、この二つのタイプを上手に渡り歩き、
自分の仕事能力を常に磨いた結果、
キャリア女性として輝いているといえます。

それに、オンナ・タイプとオトコ・タイプ、両方を
女性は持っていると思われますので
一種の「読み物」として、おもしろがる程度でいいでしょう。

本書では最後に、「できるオンナたちの新ルール」を
挙げているのですが
そこにも強調されているように、自分の能力を地道に磨き、
50代、60代で花開くように、努力をし続けること


若いうちは、結婚をして、子育てに数年とられても焦らない。
例え、お局様のようになっても、女性活用に会社が積極的になれば
年功序列で大抜擢もありうるので、腐らず、仕事を続けること。

この息長いキャリア志向は身につけたいものです。
また30代で大出世している女性も、これからトラップ(罠)に
はまらないよう、気をつけることができるでしょう。

またアメリカの働く女性のキャリア・マナーにも詳しいので
外資系企業で働いている人、
欧米で働きたい人にも参考になります。

bard_happybird.gif できるオンナの新ルール(抜粋)
Rule1 キャリアのピークを五十代に設定
Rule2 オンナ・フェロモンを上手に使う
Rule5 オンナ同士の悪口を言わない
Rule6 ”性悪女”をのさばらせない
Rule10 ”身だしなみ”の世界標準を知る
Rule11 オンナを活かして起業する


キャリアウーマン・ルールズ
icon
『キャリアウーマン・ルールズ 仕事にフェロモン戦略は有効か?』
icon
横江公美
☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン



posted by かつき at 12:37| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

『成功する女性たちへ 社会で活躍するためのキャリアアップ法』 コニー・ブラウン・グレイザー/バーバラ・ステインバーグ・スモーリー

キャリアアップのためにはさまざまなスキルが要求されますが
コミュニケーション能力はそのなかでも必須といえるでしょう。

この『成功する女性たちへ』は、
ビジネスシーンでの相応しい話し方、聞き方、
プレゼン方法、会議の進行や発言、ビジネスレターの書き方、
電話の応対、マネジメント、政治的な駆け引き
といった
さまざまなビジネスシーンでの振舞い方や声の出し方、身振り、
服装、姿勢、視線、表情などについて、
事細かにレクチャーしています。

翻訳書なので、そのまま日本のビジネスシーンに
ふさわしいかどうかを考えなければなりませんが、
それでもビジネスの場にそぐわない振舞いは万国共通。
男性のルールやしゃべり方を知る上でも、参考になります。

各項目には、事例がたくさん出ていて、
突然の昇進や異動などで、求められるスキルが
大きくなったときの振舞い方などは、モデルとして真似できます。

もともと女性は、ネットワークづくりやコミュニケーション能力は
男性よりも優れています。
ただそれがビジネスシーンでは、男性的なやり方が
まかり通っているので、多くの女性が戸惑い、
自信を失くしてしまいます。

でも女性は女性のやり方で、コミュニケーションを
うまくとればいいでしょう。
しかし、女性のやり方のデメリットもあるので、
ビジネスシーンにふさわしい振舞い方を身につけたいですね。
働くすべての女性に役に立つ本です。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
成功をおさめている女性たちは、会議の重要性をよく知っており、それを利用する方法を心得ている。目立つ発言をすることもあれば、何もいわずに聞き役にまわる会議もあるという使い分けが上手なのだ。出席者であれ報告者であれ、あるいは司会者であろうとも、<存在感>を感じさせる。

言葉の才能はさまざまな場面でよい関係をつくりだす。電話で、グループ討議で、また公の席で話すときなどはもちろんだ。これに上手なライティング力をもてば、鬼に金棒である。

名前を忘れるのは聴く力の弱さを示す兆候の一つである。



成功する女性たちへ
icon『成功する女性たちへ 社会で活躍するためのキャリアアップ法』
icon
コニー・ブラウン・グレイザー/バーバラ・ステインバーグ・スモーリー
訳 三浦隆子
☆☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン

posted by かつき at 12:22| キャリアデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。