2016年03月10日

人心掌握で人生を開く@『ちょっとした行動で未来を変える52のヒント』

人の心を読み、操る技術「メンタリズム」の日本での第一人者による、仕事、家族、お金、人間関係の悩みを解決する法則集。

短いヒントを2〜4ページ程度で解説しています。深みには欠けるのですが、その分、手軽に読め、すぐ実行できます。

こういうノウハウは実践しなくては意味がないので、本書では「AすればBになる」という形式で書かれています。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 09:44| 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

運命を変えたい人に:『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』 水野敬也

ガネーシャシリーズも3冊目。本書は自己啓発に加え、営業や商売繁盛、仕事を進める上での秘訣です。ストーリーもより複雑です。

目先の欲求に従って服やモノににお金を使い、貯金ゼロの若いOLが主人公。

それなのに、運気を変えるために24万のローンを組んで、黒いガネーシャ像を占い師から買ってしまう……。

でも、これがきっかけとなってブラックガネーシャと出会い、人生を変える教えを受けることになります。

彼女はIT企業社長の爽やかな園山さんに恋をし、なんとか近づきたいと思っていますが、そのチャンスもありません。しかし、ガネーシャが強引にメールをしてしまい、会えることに……。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

『おもしろすぎる成功法則』 斎藤一人

長者番付が発表されていた頃、10年連続第1位になった斎藤一人さんの「成功法則」。

『変な人が書いた成功法則』などに書かれてきた、今までの成功法則も見られます。「仕事はゲーム」「修行になる相手と結婚することになっている」「許せない自分を許そう」など。

これらに加えて、新しい成功法則がおもしろい。「人が喜んで働くようになる方法4つ」「モテる男・モテる女の3条件」「不安症対策」など。
例えば、誰でも好きな人と嫌いな人がいますが、その間に「どうでもいい人」というグレーゾーンを設けるというのはいいですね。

「嫌い」というマイナス感情は出したくないから、好きになろうと努力したりしますが、それは無理です。ですから、「どうでもいい人」と考える。するとふっと楽になります。


>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

『自分の運命に楯を突け』 岡本太郎 

1979年〜1981年にかけて「週刊プレイボーイ」に連載された岡本太郎の人生相談「にらめっこ問答」の回答部分だけを再編集した本。『自分の中に毒を持て』の続編のような存在です。

成功を考えるな。マイナスに賭けろ。人に好かれると思うな。自分以外のものになるな。無目的に生きる。

一般的な成功読本や自己啓発書とは反対のことを岡本太郎流に言いながら、でもそれが真実を突いていて、いつもながらおもしろい。

職業は「自分自身」「人間」というのも、今では、どんな状況でも生き残れる自己の確立が当たり前ですが、80年前後では新しい概念だったのではないでしょうか。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

『人生の原理』 小宮一慶

小宮一慶さんの自己啓発本のエッセンスを短い言葉と
エッセイでまとめたもの。

ふとした時、悩んだ時に心に引っ掛かる言葉を
目次から選び出して、いくつか読むと前向きになれます。

深みのある人や本を、「なぞる」ように勉強すること。
それによって少しずつ頭がよくなる。

社会人になって「勉強する」とは
こんなふうにシンプルだけど、深いものなのだと教えてくれます。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

『成功脳』 斎藤一人

達成や成功のためには言霊や気持ちが大切で
それらが成功や幸運を引き寄せてくる――
それを一人さん流に語っているのが本書。

柴村恵美子さんの出版記念パーティーで話した内容を
本とCDに起こしています。

斎藤一人さんと柴村恵美子さんの本は
二人の相生の良さが出ていて、とてもパワーがあると思う。

本書もすらすら流れていく。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

『やってのける 意志力を使わずに自分を動かす』 ハンディ・グラント・ハルバーソン

モチベーションを高める方法は「人によって違う」
というのがよくわかりました。

人を自分の能力を証明することに重点を置く「証明型」と
能力を伸ばすことに重点を置く「習得型」に分け
それぞれのモチベーション、パフォーマンスの高め方が
いちばん役に立ちました。

習得型のほうが目標達成しやすいのですが
どちらが優れているかということにはなりません。
ただタイプが違うだけ。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

『これまでしたことのない話』 斎藤一人・枡岡はなゑ

斎藤一人さんの内なる神様のお話。
スピリチュアル系から成功の話になるので、苦手な人も多いと思いますが
多くは引き寄せの法則と似ている、というより同じ法則なので
読めば理解し、実践できると思います。

神様っていうのは外にいるのではなく
自分のなかに必ずいて、自分を助けてくれます。

内神、分魂(わけみたま)、真我、超意識と表現されますが
みな同じ、自分のなかの神様のことで、それを信じればいい。

内神様の親、天の絶対唯一の霊が「大霊(たいれい)」という絶対神。
日本では「天之御中主(あめのみなかぬし)」という。
ヤハウェ、アラーと呼ぶ人もいる。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

『天 TEN』 斎藤一人・柴村恵美子

『器』『運』と続いた斎藤一人さんと柴村恵美子さんの
3部作完結編です。

斎藤一人さんが成功したのは
「天とつながる生き方をしたから」
柴村恵美子さんが成功したのは
一人さんを信じて、天とつながる生き方を真似したから

その「天とつながる生き方」について
一人さん流に語ります。

幸せは人それぞれだし、楽しいことも人それぞれ。
だから人と自分を比べても意味ないし
欠けているものよりも、あるもので満足しよう。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

『ストレスをリセットして、人生を変える ”うまくいく女”のシンプル・ルール』 小林弘幸

日本体育協会公認スポーツドクターの小林弘幸先生による
女性のためのストレス解消法の本です。

がむしゃらに頑張るわけでもないのに、いつも生き生きとして
惹きつけられる女性とは、「自律神経のバランスが高いレベルで
整っている女性」だそうです。

自律神経を整えることで、ストレスをリセットして
楽しい生活や人生を歩み、運や幸せもつかみます。

50のシンプル・ルールをひとつでもふたつでも実践すれば
変わりそうです。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

『器』 斎藤一人・柴村恵美子

斎藤一人さん、柴村恵美子さんによる
『器』『運』『天』シリーズ。

「器」ってドキッとする言葉ですね。

狭量な器の小さい人間に見られたくない。
そんなことを考えてしまった私は
自分の器が小さいことに気づいています。

本書で、人間の器量には三段階あるといいます。

第一段階 人に任せることができなくて、なんでも自分でやらないと気が済まないような人。これって器量が狭いよね。

第二段階 自分の得意なことは自分がやって、相手が得意なことだけ相手にやってもらう人。これも大した器量じゃない当たり前のことなんだよ。

第三段階 自分が完璧にこなせることでも相手にやってもらって、自分は陰で手伝って、その人に花を持たせようとするような人。こういう生き方ができる人って、かっこよくて幸せなんです。


>>続きを読む
posted by かつき at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』 水野敬也

『夢をかなえるゾウ』ではガネーシャがふざけながらも 
習慣化するまで行動することを促す、
初心者向け自己啓発書でした。

本書ではガネーシャに加え、貧乏神が登場。
貧乏神の金無幸子さんが主人公の若手お笑い芸人に
とりついて、貧乏でいる理由を教えてくれます。

人を責めたり批判したりすることが好きな人って
他人が不幸になることを望んでいる人ですから。
そういう言葉を口にすればするほど
貧乏神というのはその人に近づいていきたくなる


>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

『運 LUCK』 斎藤一人・柴村恵美子

斎藤一人さんと柴村恵美子さんの『器』『運』『天』シリーズ。
どれから読んでも大丈夫。

「運」とは何か?
幸運、偶然、追い風などいろいろな言葉になるけれど
一人さんによると
「運を説明するのって難し」く
人が思っている運と、自分が思っている運が違う。

一人さんの思う運は「どこにでも転がっている」。

そして成功するには「運も実力も必要」。

>>続きを読む
posted by かつき at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

『夢をかなえるゾウ』 水野敬也

『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』が発売されて
「1」を読んでいないことに気づきました。

ベストセラーはどうしても避けてしまう、
しかも「軽い自己啓発本」というネットでのイメージが強く
手に取りませんでした。

でもおもしろかった!
特に若い人にはとてもわかりやすく、入りやすい自己啓発本です。

『夢をかなえるゾウ2』が発売されて
「1」を読んでいないことに気づきました。

ベストセラーはどうしても避けてしまう、
しかも「軽い自己啓発本」というネットでのイメージが強く
手に取りませんでした。

でもおもしろかった!
特に若い人にはとてもわかりやすく、入りやすい自己啓発本です。

インドの神様ガネーシャがある日、「僕」のところにやってきます。
「僕」が
 お金持ちになりたい
 有名になりたい
 成功したい
 変わりたい
と言いつつ、いつも三日坊主なのを諌め
成功するための課題を一日ひとつずつ出していきます。

>>続きを読む
posted by かつき at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

『人生の科学 「無意識」があなたの一生を決める』 デイヴィッド・ブルックス

ビジネス書としてあげるのは、少し違和感があるのですが
とてもおもしろく人間の無意識からくる成功の秘訣について
書かれているので、ご紹介します。

中流家庭に育ち、愛情も教育もたっぷりと与えられたハロルド。
誰からも好かれる性格に育った秘訣はなんだったのか。
勤勉で思慮深くなったのはどうしてか。
環境、本人の資質、そして出会い。
それによって彼の人生は大きく変わっていく。

移民の子孫であり、躁鬱病の母親、時折いなくなる父親の元で
育ったエリカは、貧困状態と中流生活を行ったり来たりの
落ち着かない環境で、中学までを過ごします。
そして彼女はアカデミーという教育熱心な、より上昇志向の強い
学校へ進むことで、彼女は自分で自分の道を切り開きます。

>>続きを読む
posted by かつき at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

『思考は現実化する アクションマニュアル索引付き』 ナポレオン・ヒル

1937年発売の成功哲学のロングセラー。
17ステップごとにやるべきこと、決めるべきことを
詳細に検討し、実際に自分の行動基準や思考を
定めるように促します。

巻末に「アクションマニュアル」があり
具体的な読み方、思考のまとめ、簡単なテストによって
どれだけこの成功哲学を身につけたかを確認できます。

そのなかの自己分析、自己評価では
客観的に自分を見つめ直すきっかけになるでしょう。

>>続きを読む
posted by かつき at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

『ビジネスマンのための「人物力」養成講座 人はあなたのここを見ている』 小宮一慶

人とのつきあいや仕事でふと表われる「人物力」。
誰からも尊敬される、例えば松下幸之助や
渋沢栄一といった「人物」に一歩でも近づきたいと、
そして近づくことができるのだと理解させてくれるのが本書。

そもそも<人物力>とは何かのポイントを12個。
そして<人物>の見分け方を街、初対面、職場、
つきあいといったシチュエーション別に解説。
<人物>になるキー、人物力養成8つのステップと
シンプルな構成です。

でも、深い。

>>続きを読む
ラベル:自己啓発
posted by かつき at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

『眼力』 斎藤一人

いつもの斉藤一人さんに比べると、ややインパクトに欠けます。

「眼力」とは「次に、どうなるかを見抜く力」。

その力を養わないと
簡単に人に騙されたり
お金をなくしたり
仕事をなくしたりします、という話です。

優しい語り口で、いとも簡単に言うのですが
この「眼力」は難しい。

未来などわからないことが多い。
それでも予測し続けます。
>>続きを読む
posted by かつき at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

『日本一心を揺るがす新聞の社説 それは朝日でも毎日でも読売でもなかった』 水谷もりひと

☆を3つにしたのは、ちょっと肩すかしがあったためです。
副題に全国版の名前が入っているので
てっきり、水谷もりひとさんのみやざき中央新聞
地方新聞だと思っていました。

しかし、みやざき中央新聞は月4回発行の
いわばミニコミ誌。
さまざまな方の講演会などを取材し
面白かった話、感動した話、心温まった話、
為になった話などを掲載しています。

はじめからこれがわかるタイトルなら、もっとよかったですね。

>>続きを読む
posted by かつき at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

『豊かに成功するホ・オポノポノ』 イハレアカラ・ヒューレン

ハワイの伝統的問題解決法「ホ・オポノポノ」を
ビジネスに活かすためのヒントです。

ホ・オポノポノの考え方は
すべての問題は自分の中にあり、
過去の記憶が、現在の問題を引き寄せている
とします。
その記憶を消去し(デリート)、自分をゼロの状態にして
やるべきことをやれば、問題は自然に解決。
スピリチュアルな問題解決方法です。

>>続きを読む
posted by かつき at 12:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。