2016年03月10日

人心掌握で人生を開く@『ちょっとした行動で未来を変える52のヒント』

人の心を読み、操る技術「メンタリズム」の日本での第一人者による、仕事、家族、お金、人間関係の悩みを解決する法則集。

短いヒントを2〜4ページ程度で解説しています。深みには欠けるのですが、その分、手軽に読め、すぐ実行できます。

こういうノウハウは実践しなくては意味がないので、本書では「AすればBになる」という形式で書かれています。

他でも見られる自己啓発や意識改革もあるのですが、メンタリズムを用いた法則がおもしろい。

例えば、「なってほしいラベルを貼ると、相手を自分好みに変えられる」

見方によって人のイメージは変わります。料理が苦手な彼女でも、「自信がないなんて言ってたけど、意外にセンスあるんじゃない?」などさりげなく褒める。するとその人は「料理が苦手」という意識(ラベル)を、「料理のセンスがある」という意識に変え始めます。すると料理をすることが増え、どんどんうまくなっていきます。

つまり「ラベリング」とは、「脳に繰り返しフィールドバックすることで、自分を目的の方向へと導いていくテクニック」。意識が行動を変え、脳は自己認識し、内面を変え始めます。

人間関係や仕事だけではなく、疲れがとれる方法、幸せになれる方法、恋人ができる方法など、さまざまな面を取り上げています。ただ、男性向きの内容が多く、女性に対してのアドバイスが今ひとつピンとこないのが残念です。


bard_happybird.gif チェックしたところ
出典を覚えると、説得力が増す

猫の写真を飾ると、生産性が44%アップする

夜と朝の二回復讐すると、何でも覚えられる

鏡の前で笑顔を二十秒間作ると幸せになれる


bard_happybird.gif 目次
はじめに
Chapter1 人間関係がラクになる11のヒント
Chapter2 デキる人になる17のヒント
Chapter3 イライラや不安が消える12のヒント
Chapter4 恋愛の達人になる12のヒント





タグ:自己啓発
posted by かつき at 09:44| 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする