2014年12月01日

『おもしろすぎる成功法則』 斎藤一人

長者番付が発表されていた頃、10年連続第1位になった斎藤一人さんの「成功法則」。

『変な人が書いた成功法則』などに書かれてきた、今までの成功法則も見られます。「仕事はゲーム」「修行になる相手と結婚することになっている」「許せない自分を許そう」など。

これらに加えて、新しい成功法則がおもしろい。「人が喜んで働くようになる方法4つ」「モテる男・モテる女の3条件」「不安症対策」など。
例えば、誰でも好きな人と嫌いな人がいますが、その間に「どうでもいい人」というグレーゾーンを設けるというのはいいですね。

「嫌い」というマイナス感情は出したくないから、好きになろうと努力したりしますが、それは無理です。ですから、「どうでもいい人」と考える。するとふっと楽になります。


この楽になる思考が大切です。人生が楽になります。

このような大切なことを、「楽しくておもしろい話で、相手の心を開いて、大切な話を受け入れやすくする雰囲気を作る」というのが、本書のポイント。

どの考え方も一人さん流のおもしろ話で包み、笑っているうちに心の中にストンと落ちてきます。

後半は一人さんへの質問、ひとりさんのレシピ、一人さんに出会って人生が変わった人の体験談。この体験談がすごい。過酷な状況を、まるかんの商売、一人さんとの出会いで変わっていくのは感動的です。

付属のCDには一人さんの講演会が収録されています。神様のことや気、魂などについて知り、さらに成功しようという内容。本の内容とかぶるところもあります。


bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
人は、『欲しいもの』があると働く

やる気を上げたかったら、楽しくなる「祭り」を増やそう

人がいちばん大きな幸せを感じる生き方が「使命感をまっとうする」ってことなんだよ

なんでも美化していると、自分も楽しいし、まわりからも応援されるようになるんだよ

実力以上に評価されたとき、「バランスの法則」が働きます

「すごいですね!」と言われたら、「みなさんのおかげです」と答えて、バランスをとろう

「傷つけることを言う人」は、魂が成長すれば、いなくなるよ

はなゑさんが、「普通は『好きな人』と『嫌いな人』がいるよね。でも、私の場合はね、『好きな人』と『どうでもいい人』しかいないんだ」って言うんです。

トラブルが起きたら、1「最悪の事態を覚悟する」、2「落ち着いて対策を考える」、3「問題を消すだけじゃなくて、『問題が起きてトクした!』というところまで考える」

お金は誰かの「ふところ」にあるんだよね。それで「どうせなら、あなたから買いたい」と思う人のところに、みんなお金を払うんだよね。だから、「人から愛される人」が、「お金に愛される人」なんだよ


bard_happybird.gif 目次
はじめに
第1章 ひとりさんの「おもしろすぎる成功法則」
【コラム1】ひとりさんへ「なんでも質問させてもらいます!」
第2章 ひとりさんに、ついていきたい!
【コラム2】ひとりさんの「楽しい料理コーナー」
「ひとりさんの魔法の言葉」
さいごに







タグ:自己啓発
posted by かつき at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分磨き・ココロを元氣に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409899089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック