2014年10月15日

『経済は世界史から学べ!』 茂木 誠

世界の歴史を経済学から見た読物的教養書です。

駿台予備校の先生が書いた本なので
解説が上手〜!

するすると読まされて、おもしろく理解できます。

内容は経済の基礎の基礎。
お札は信頼されているからお金として流通するなど
本当に経済の初歩から、
為替や投資、通貨、貿易、国家財政まで。

さすがに初めて知る内容ではないのですが
改めて、歴史のなかで振り返ってみて勉強になりました。
TPPは実は歴史を振り返ると
今までにもさまざまな形で選択してきた
関税撤廃だとわかります。

消費増税がどのくらい経済に影響を与えるのかも
怖いくらいよく理解できました。
10%はムリでしょうね、今の日本には。

経済ってよくわからないけれど
知っておいた方がいいなと思う人にはおススメ。


bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
外国商人は次のような錬金術で、日本の金銀を持ち去ります。
「4ドル銀貨を日本に持ち込んで12イチブ銀貨と両替」→「12イチブ銀貨を3小判金貨と両替」→「3小判金貨を日本国外に持ち出し、12ドル銀貨と両替すれば最初の4ドルが12ドルになる」

江戸幕府が鎖国に踏み切ったのは、キリスト教を警戒したのと同時に、銀の流出を恐れたからです。

金本位制の採用で世界市場と結ばれた日本は、絹織物をはじめとする工業製品の輸出で外貨を稼ぎ、これを軍事費に投じて日露戦争にもかろうじて勝利し、列強の一員としての地位を確保しました。

グローバリズムは常に、経済的強者に恩恵をもたらします。



bard_happybird.gif 目次
はじめに
 世界史を知れば、経済ニュースがもっとわかる!

第1章 お金(1) 円・ドル・ユーロの成り立ち
 No.01 なぜ、1万円札には「1万円の価値」があるのか?
 No.02 ドルの歴史──巨大財閥が「ドル」を動かす
 No.03 円の成立@ 「金」をめぐる幕末の通貨戦争とは?
 No.04 円の成立A 大蔵省と日銀の戦い
 No.05 ユーロ圏をあやつる「第4帝国」

第2章 お金(2) 世界経済と国際通貨
 No.06 なぜ、世界中の国々でドルが使えるのか?
 No.07 明治日本が独立を維持できたのは、金本位制に移行できたから
 No.08 ドルが強くなったのは、世界大戦のおかげ
 No.09 敗戦国日本は、なぜ経済成長できたのか?
 No.10 国際通貨基金(IMF)と世界銀行はどう違うのか?
 No.11 円高・円安は、アメリカのルール違反から生まれた
 No.12 狂乱の時代──日本のバブルはなぜ起こった?
 No.13 タイ、インドネシア、韓国。3国はなぜ破綻に向かったのか?
 No.14 「円」大暴落の危機! ヘッジファンドの正体とは?
 No.15 ユーロ危機に見る「統一通貨の限界」

第3章 貿易 経済の自由化
 No.16 保護貿易の失敗で、ナポレオンは没落した
 No.17 アヘン戦争──自由主義のための侵略戦争
 No.18 180年前のイギリスで起こったTPP問題
 No.19 アメリカ・ドイツ・日本は、いかに強国になったか?
 No.20 極端な保護主義が招いた2つの世界大戦
 No.21 牛肉とオレンジの輸入自由化! 日本は打撃を受けたのか?
 No.22 国家の力関係と「現代の不平等条約」とは?
 No.23 小泉内閣が行ったのは、日本の「市場開放」の徹底
 No.24 アメリカによるTPPの真の狙いとは?

第4章 金融 投資とバブル
 No.25 金融の歴史は、迫害された者の歴史でもある
 No.26 「ユダヤ人=金貸し」のイメージは、どこから生まれたのか?
 No.27 リスクを回避せよ! 株式会社と保険業の成立
 No.28 投資の世界史──タレースから大阪米市場まで
 No.29 世界初のバブルは、チューリップの球根から
 No.30 「経済成長 → 世界恐慌」のメカニズム
 No.31 なぜ日本は「ナンバーワン」から転落したのか?
 No.32 世界史上最大の倒産劇と60兆円の負債

第5章 財政 国家とお金
 No.33 公共事業の功罪──帝国滅亡の「法則」
 No.34 桓武天皇、頼朝、義満、信長、秀吉。財政から見た日本史
 No.35 経済学の誕生──財政から見たヨーロッパ史
 No.36 「課税するなら独立だ!」。アメリカ独立のきっかけとは?
 No.37 「緊縮財政大好き」は、江戸時代から変わっていない
 No.38 借金まみれの地方自治体を復活させる方法
 No.39 廃藩置県──借金まみれだからうまくいった
 No.40 リスクヘッジの名手、ロスチャイルド家に学ぶ
 No.41 世界恐慌から一番早く脱却した国は?
 No.42 ドイツを2度救った男
 No.43 アベノミクスの世界史的意味
 No.44 消費税の功罪

おわりに
索引
読書案内──もう少し先へ進みたい方へ








タグ:経済
posted by かつき at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407174092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック