2014年07月04日

『ビジネスパーソンの誘う技術』 ベリッシモ・フランチェスコ

料理研究家のベリッシモ・フランチェスコさん。
テレビなどによく出られているそうですが
全く知りませんでした。

ですから、ご本人が言う「チャラいキャラクター」は
よくわかりませんが、日本語はすごく上手。
本書を本人一人で書いたとしたら、すごい語学力です。

それはさておき、「誘う技術」。
ナンパなイメージのイタリア人が書くのですから
興味がわきました。

本人はイタリア人の中では「シャイ」だそうです。

でも、やっぱり誘うポイントは頷けるものばかり。

誘う「目的」がはっきりすれば、相手は断りにくい。
お互いがプラスにならなければ、誘ってはいけない。
誘うときは、相手の未来をプレゼンすること。

つまり「今度、ごはんでも」という約束ではなく
「○○の件について、事前に打ち合わせを兼ねて
食事をしませんか」(ビジネス)
「○○がおいしいお店があるんですが、行きませんか」
(プライベート)と具体的に、かつお互いにとって
プラスになる方向に持っていく。

パーティーでは積極的に声をかけ
用事がすんだら、サッサと帰る。
飲み会では、すでに聞いた相手の話を
何度でも驚いて聞く。
カラオケの曲は相手の年齢に合わせて選ぶ。

など、誘う場面だけではなく
その後のことまで書かれているので
コミュニケーションが苦手な人には参考になるでしょう。

残念なのは、男性目線のみで
女性がどうしたらスマートに誘えるか、
という視点がないこと。

ただ、誘うのはいつでも「今」というのは
誰にでもあてはまります。

とりあえず、声をかけまくるというのが極意のようです。


bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
パーティーが始まったら、ダラダラとお酒を飲むようなことはありません。目的をきちっと果たして、それが終われば途中で帰ることもあります。

「誘いフレーズ」ベスト5
「○○がおいしいお店があるんだけど、一緒に行かない?」
「俺んち、マンガいっぱいあるんだよね」(ワインや子猫に置換可)
「○○さんにしかできないことなんです。あなたの力が必要なんです」
「この席、座ってもいいですか?」
「ランチとディナー、どっちがいい?」

お互いがプラスにならないなら、誘ってはいけない

人が集まり、お金が集まるのは、未来を感じさせる場所です。

誘うのは「いま」がベスト

本当に仕事になるときは、2回、多くても3回ほどのやりとりで話が決まります。(中略)時間を使ってもムダなので、あっさりと引きましょう。



bard_happybird.gif 目次
はじめに 「誘う力」があれば、人生は変えられる!

第1章 たった1分で人生が変わる誘いの魔法
01 「誘うこと」で人生は変わる!
02 誘うこと自体に意味がある
03 誘う「目的」をハッキリさせよう
04 発表! 今日から使える「誘いフレーズ」ベスト5
05 相手の気持ちを「トレース」せよ
06 相手のことを知ろう
07 あらゆる場所は出会いのチャンス
08 コミュニケーションはメリハリが大切
09 あなたの過去の話に興味はない
10 誘うのは「いま」がベスト

第2章 誘い上手・誘われ上手の10の習慣
11 ツッコミどころをつくる
12 期待されている「キャラクター」を演じる
13 嫌われない人は好かれもしない
14 人は「差」に注目する
15 季節のイベントを120%生かせ
16 ファッションは相手へのメッセージ
17 足元は思っているよりも見られている
18 「姿勢」から自分を変えよう
19 誘うから誘われる
20 プレゼント作戦は成功率100%

第3章 仕事ができる人は誘い方もうまい
21 ビジネスこそ「誘う技術」は必要
22 成功の3ステップを覚えておこう
23 失敗あるところに、チャンスあり
24 本題をメインに持ってこない企画提案術
25 屈辱こそがエネルギー
26 ゼロになる体験をしよう
27 断られるのは前提
28 とにかく数をこなす
29 打ち上げは自分から提案する
30 最後は勇気

第4章 誘いのプロになる10の心得
31 ちょっとだけ「バカ」になる
32 「脈あり/脈なし」を見分ける法
33 女性のほめ方、男性のほめ方
34 肩書きで人を見ない
35 マズいレストランに連れて行け!?
36 会話が途切れない3つのテッパン話題
37 パーティー200%活用法
38 スマートな切り上げ方も覚えておこう
39 企画を立てる人が、優位に立つ
40 楽しむことを学べ






posted by かつき at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401002858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック