2009年08月17日

『実践! グーグルマーケティング』 押切孝雄

グーグルをはじめ、インターネット上で公開されているツールを使って
マーケティングをするための解説書。
ぜひ真似してみたい、ネット活用術の本です。

使うツールは
 グーグルトレンド http://www.google.co.jp/trends 
 グーグルアラート http://www.google.co.jp/alerts 
 グーグルクローム http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html?hl=ja&hl=ja
 グーグルデスクトップ http://desktop.google.com/ja/
 グーグルニュース http://news.google.co.jp
 iGoogle http://www.google.co.jp/ig
 グーグルインサイト http://www.google.com/insights/search/#
 グーグル キーワードツール https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
 グーグルブック検索 http://books.google.co.jp/
 グーグル検索 http://www.google.co.jp/
 グーグルブログ検索 http://blogsearch.google.co.jp/
 グーグルリーダー http://www.google.co.jp/reader/view/#overview-page
 グーグルアナリティクス http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/

 ユーチューブ http://www.youtube.com/
 フェースブック http://www.facebook.com/
 マイスペース http://jp.myspace.com/
 トゥイッター http://twitter.com/
 ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/
 kizasi  http://kizasi.jp/
 SHOOTI http://shooti.jp/
 インターネットアーカイブ http://www.archive.org/index.php

例えば、選挙の決選前にオバマ候補が大統領選に勝利することは
グーグルなどのツールを用いて、推測できたそうです。
選挙では途中まで接戦でしたが、
ネットのトレンドはオバマ大統領が有利で、
結果もその通りになりました。

このようにツールを利用して、仮説思考を検証したり、
市場を調査したり、といったことが簡単にできるようになります。

わたしもiGoogleやグーグルリーダーなどで
情報収集をしているのですが、
もう少し突っ込んだマーケティングができそうです。

bard_happybird.gif 本書でチェックしたところ
筆者が提唱する「グーグルマーケティング」とは、グーグルを使って売れる仕組みを構築することです。

ニーズは「潜在的には必要と思っているもの」のことです。それに対して、ウォンツは具体的に「欲しいもの、買いたいもの」のことです。必要ではあるが自分では気づいていないものがニーズで、はっきり自分でも欲しいと思っているものがウォンツです。

AIDMA 購入にいたるまでの流れの頭文字をつなげた用語
Attention 注目・認知
Interest 興味
Desire 欲求
Memory 記憶
Action 行動

AISAS インターネット時代の購入プロセス
Attention 注目・認知
Interest 興味
Search 検索
Action 行動
Share 情報の共有

マーケティングのフレームワーク
「市場」「競合」「自社」

グーグルアナリティクスで重要な6つの指標
キーワード・セッション数・ページビュー・サイト上のデータ表示(サイト・オーバーレイ)・リピーターか新規ユーザーか・滞在時間

ブランドをあらわすAISARE
Attention 注目・認知
Interest 興味
Search 検索
Action 行動
Repeat 繰り返し購入
Evangelist 他人に広める


bard_happybird.gif 目次
まえがき
第一章 グーグルはオバマの勝利を知っていた
第二章 インターネットマーケティングを知る
第三章 仮説思考のマーケティング
第四章 市場をグーグルで調査する
第五章 グーグルで競合を知る
第六章 グーグルで自社のホームページを分析する
第七章 インターネット・ブランディング
第八章 グーグル以外の有用なマーケティングツール
あとがき


実践!グーグルマーケティング
icon『実践!グーグルマーケティング』
icon
押切孝雄
☆☆☆☆☆
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



リーフライン




posted by かつき at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デキる女の仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。