2009年04月30日

『ラヴィン・ザ・キューブ』 森深紅(もり みくれ)

SFの新人賞受賞作なのですが
女性のお仕事小説としてもよくできています。

2050年、世界最大のロボットメーカー、
ファーイーストワークスに勤める水沢依奈は
「イグニッションキーパー」とあだ名されるくらい
納期厳守で、すべてのトラブルを自ら解決してしまうスーパーウーマン。

しかし彼女は認知症の父親の介護のために
工業デザイナーの夢と、スイスの大学卒業資格を諦めて
通訳の派遣社員からキャリアを始めたという叩き上げ。

能力の高い依奈ですが、彼女の仕事のやり方には
周りの人々との軋轢があります。
また失敗もきっちりと描いていきます。

特別の異動で、特装機体開発室の秘書にさせられ
そこで大失敗を犯してしまいながらも、それに屈せず、
また次の「プロジェクト キューブ」でも
女性ならではの感情を発してしまいます。
このあたりは、女性にとってもう一つの壁。

依奈の役割を次々に変え
プロジェクトの全容が次第に明らかになりながら
彼女の活躍から目が離せない。
しかもアートとエンジニアリングが有機的に結合して――。
魅惑的で美しい世界を作り上げています。

第9回(2008年)小松左京賞受賞作。


ラヴィン・ザ・キューブ
icon『ラヴィン・ザ・キューブ』
icon
森深紅
星星星星
矢印オレンジ amazon.co.jpの詳細ページ
矢印グリーン 楽天Booksの詳細ページ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

リーフライン


posted by かつき at 13:54| お仕事小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。