2016年08月12日

『牛肉資本主義 牛丼が食べられなくなる日』 井上恭介

中国の爆買いによる牛肉買占め。それにより、日本での牛肉の価格が上がるカラクリを説明しています。

著者はNHKエンタープライズのエグゼクティブ・プロデューサー。NHKスペシャルなどの特集番組を制作する過程で知った恐ろしい「食」の未来像を提示します。

牛肉の価格は買占めだけではなく、コモディティ・インデックスファンドにおける投機マネーによっても際限なく吊り上げられていきます。

もちろん、これは牛肉にとどまらず、穀物、石油などさまざまな先物取引において顕著に見られます。

将来の食糧危機を提示して、暗澹たる気持ちになるのですが、最終章で里山、里海での新たな循環型、持続可能な農業、漁業の取り組みが紹介されて、ホッとします。

>>続きを読む
タグ:経済
posted by かつき at 08:59| 時代を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする